ここから本文です

【コメダ】改善か改悪か? 株主優待のチャージ額が2割削減へ

4/14(金) 14:25配信

投信1

人気の株主優待制度が変更に

『珈琲所 コメダ珈琲店』を全国にチェーン展開するコメダホールディングス <3543> は2017年4月12日、株主優待制度の変更を発表しました。コーヒー党の方や株主優待に関心の高い方には注目の銘柄ですが、その制度が変わります。

簡単にまとめると、株主として2月末または8月末に名簿に記載されていれば、従来であれば年間2,400円相当を同社のプリペイドカード「KOMECA」にチャージしてもらえた(あるいは代わりにギフトをもらえた)のですが、2017年8月末以降、これが年間2,000円相当に減額されるというものです。

▲20%カットですので「大」削減に見受けられます。なお、チャージされるポイントの有効期間は従来の6か月から1年に延長されます。しかし、同社の株主の方はすぐにこのポイントを利用すると思いますので、この有効期間の延長にはメリットは少ないのではないでしょうか※
。※詳細はこちらをご確認ください。

業績は好調

同社の業績は好調です。2017年2月期の実績は売上収益が対前年同期比+11%増、営業利益が同+5%増、親会社の所有者に帰属する当期利益が同+9%増でした。

2018年2月期の会社計画も売上収益が同+8%増、営業利益が同+5%増、親会社の所有者に帰属する当期利益が同+8%増となっており、着実な利益成長が期待されています。一株当たり配当は2017年2月期が50円、2018年2月期も同額とされています。

「業績が良いのに株主優待が後退し、配当は据え置きなのか!」と思ってしまいますが、実はしかけがあります。

株主総会の議決権行使で500円相当をチャージ

決算、株主優待制度の変更とあわせて、同社は株主総会における議決権行使の促進策を発表しています。それは、議案への賛否にかかわらず、議決権を行使すればプリペイドカード「KOMECA」に500円分がチャージされるという内容です。チャージの実施は7月下旬とされています。

議決権行使は株主としての当然の権利です。これを行使するだけで500円分のチャージがもらえるのであれば悪い話ではありません。従来は年間2,400円であったチャージ額が2,000円+500円=2,500円になり、制度変更の全体像としては「改善」と言えるでしょう。

この制度は、経営陣が大株主であるファンドばかりではなく個人を含めた一般投資家にしっかり向き合うというメッセージと読み解くこともできるでしょう。

議決権行使のひと手間をお忘れなく

同社の第3回定時株主総会の開催は2017年5月30日(火)に予定されています。株主の方は、議決権行使のご案内が届きましたらぜひ忘れずに開封し、郵便ないしインターネットで議決権を行使することを忘れずにしていただきたいと思います。

椎名 則夫

最終更新:4/14(金) 14:25
投信1

チャート

コメダホールディングス3543
1803円、前日比-6円 - 7/21(金) 15:00