ここから本文です

【SS】高橋&松友、園田&嘉村ら世界ランク上位陣が8強入り<シンガポールOP>

4/14(金) 10:05配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

4月13日に開催されたバドミントン・スーパーシリーズ第4戦シンガポールOP(シンガポール・SS)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。

日本は女子シングルスで勝ち残った山口茜(再春館製薬所)、佐藤冴香(ヨネックス)がそれぞれ白星をつかみ準々決勝進出を決めたほか、女子ダブルスの高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)、福万尚子/與猶くるみ(再春館製薬所)らもベスト8入り。高橋/松友はインドペアにファイナルゲームとなったが、最後は12本に抑えて振り切った。

男子ダブルスは、園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)がインドネシアペアに第3ゲームまでもつれる接戦となったが、世界ランク上位の意地を見せて勝利をつかみ8強入り。保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)は、SSで3連続優勝中のギデオン/スカムルジョ(インドネシア)と対戦したが、12本、15本で敗れている。

バドミントン・マガジン編集部