ここから本文です

「場がしらける」福岡ではやってはいけない“タブー” 転勤者のミスを誘う宴席のワナ

qBiz 西日本新聞経済電子版 4/14(金) 10:57配信

 福岡ではやってはいけない“タブー”がある。宴席の締めにたたく「博多手一本」には独特の間があり、全国的な一本締めに慣れた人のミスを誘う。みんなで歌う「祝いめでた」も斉唱するタイミングがある。間違えても「仕事や取引には影響せんよ」(地場経営者)と言いながら、「場がしらける」(別の経営者)との証言もあるため、転勤や就職で福岡市に転入した後は、極力覚えた方がよさそうだ。

⇒【動画】「博多手一本に、やり直しはない」その場がシーン…沈黙が訪れる

■失敗に失敗を重ねる

 福岡市内の夜の歓楽街。一人の新入社員を迎えたある職場の歓迎会が行われていた。

 「もう楽しい人が入ってくれてよか~。これから頼むよ」。上司の中年男性が若い新人男性の手を両手で包んだ後、背中をぽんとたたいて期待を込めた。

 ところが、この後、優しい上司の表情が一変することになる。

 宴席を締めくくる博多手一本に移行したときのことだ。上司の音頭で、職場のみんなが手拍子を打った。

 よーお(パン、パン)
 もひとつ(パン、パン)
 祝(いお)うて三度(パ、パン、パン)

 その時だ。パン…と、最後に1回、余計な手拍子が響いた。新人だった。関東出身で一本締めに慣れていたせいか、最後に「パ、パ、パン、パン」と手拍子を4回たたいたのだった。

 博多手一本の最後の手拍子は3回。この独特の「間」を読めず、福岡に転入してきた多くの市外者たちが“ワナ”にはまってしまう。

 失敗を取り繕おうとした男性は、さらなる失敗を招いてしまう。次の発言だ。

 「あの、もう一度やらせてください…」

 上司が険しい表情になって言った。

 「博多手一本は、やり直しがきかんったい」

 二度繰り返すのは「縁起が悪い」とされている。

■福岡の象徴的シーン

 この場面は、「博多手一本に、やり直しはない」という題名の動画作品だ。福岡フィルムコミッション(FC)が主催した都市PR企画(福岡ワンミニット・フィルム・コンペティション)で、2013年の優秀作品賞を受賞した。

 脚本を担当した新聞社勤務の男性(ペンネーム・げこげこ大王28世)は、これまで何度も目撃してきたという博多手一本のミスの場面を、「福岡の象徴的なシーンとして作品にした」と語る。

 「支店経済」とされる福岡市には、九州支店や福岡営業所など大手企業の出先がひしめく。

 ある支店長は「着任した3年前、前任者から引き継ぎの飲み会でいきなり博多手一本をやらされて失敗し、みんなに注目された。私も後任に同じことをしたい」と打ち明ける。恥をかいた分、「習得も早かった」らしい。

 福岡の歴史や習慣を解説する「福博講座」の講師、斉藤寛さん(51)=三好不動産経営企画課長=は「支店長クラスなどエグゼクティブ層は博多手一本の前に歌う『博多祝い唄(祝いめでた)』のサビも覚えた方がいい」と助言する。

1/2ページ

最終更新:4/14(金) 13:09

qBiz 西日本新聞経済電子版