ここから本文です

中国は半島危機を回避させられるか

4/14(金) 14:00配信

ニュースソクラ

特使派遣も断られたとの見方も

 北朝鮮をめぐり、トランプ米大統領が、中国への圧力を高めている。北朝鮮への影響力を発揮させ、核やミサイル開発に歯止めを掛けさせるのが狙いだ。いま中国ができることを3つに整理した。
 
 北朝鮮の問題が国際社会の焦点になると、中国は常に「あいまい戦略」を取ってきた。中国が持っている影響力はそうない、われわれも困っていると公では話しながら、その裏で北朝鮮に関する制裁を強めたり、弱めたりして平壌の中枢に警告や和解のメッセージを送ることだ。

 これは、中国の国益にもかなう方法といえる。北朝鮮は近年、友好国中国に対しても、露骨に敵意をむき出しにする。今年2月18日、中国は突然、北朝鮮からの石炭輸入を年内いっぱい停止すると発表した。

 中国商務省は、5度目の核実験を受けた昨年11月の国連安全保障理事会の制裁決議で定められた上限(年間750万トンか年間約4億ドル)に近づいたためと説明した。これに対して北朝鮮の朝鮮中央通信は、「『親善的な隣国』だと言っている周辺国」が、「対外貿易も完全に遮断するという非人道的な措置もためらいなく講じている」(23日)と反発する論評を出した。

 1300キロの国境を接している中国は、北朝鮮の混乱をなんとか避けたい。難民や兵士が中国側に逃げ込めば、中国・東北地方も混乱に巻き込まれる。中国は今年秋に党大会を控えており、静かな環境を維持したいのが本音だ。

 しかし、トランプ大統領は、そんな中国の事情はお構いなしで、連日中国に北朝鮮に対応するよう求めている。11日には自分のツイッターで「北朝鮮は自ら問題を起こそうとしている。中国が(米国に)協力すると決断することが望ましいが、協力しないなら中国抜きで問題を解決する」と軍事行動を匂わせた。外交問題に関して、あまり動かない習近平国家主席が12日、トランプ米大統領と電話会談を行ったのは、習主席も事態の深刻さを感じている証拠だ。

 朝鮮半島の危機を回避するため中国ができることは3つ。
 1つ目は北朝鮮に対して、特使を派遣し、行動を控えるよう求める。
 2つめは、北朝鮮の行動に強い警告を発して、場合よっては経済制裁すると伝える。
 最後は米朝の代表による話し合いの場をセットする―だ。

 中国の特使としては、武大偉・中国外交部朝鮮半島事務特別代表が考えられる。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の中国側首席代表だ。11日には、韓国側の首席代表の金ホン均・外務省朝鮮半島平和交渉本部長と意見交換しており、韓国や米国の雰囲気を伝えられるだろう。

 ただ、韓国からの報道によれば、武氏はすでに北朝鮮に訪問を打診したが、返事を得られなかったという。

 事態がもう少し緊迫していると判断すれば、中国政府の指導者の誰かが、北朝鮮に警告を発する可能性もある。経済制裁としては北朝鮮向けの食料の輸出削減と石油の輸出停止だろう。石油は火力発電所のほか、軍事用にも使われているとされ、北朝鮮には大きな痛手となる。

 中国官営のタブロイド新聞・環球時報は12日、「北朝鮮が核実験や長距離ミサイル発射をすれば、トランプ政権のほおを叩き、中国にも戦略的威嚇を加える。中国も静観できない」として原油輸出の中断などが行われると警告している。案外、ここらへんが中国政府の本音かもしれない。

 ただ、北朝鮮からの反発も、相当大きくなりそうだ。

 最後の「対話仲介」が、最も可能性が高いだろう。北朝鮮は11日に開いた最高人民会議で19年ぶりに外交委員会を復活させ、対外関係の改善に力を入れる姿勢を示した。

 前外相の李洙ヨン党副委員長を「外交委員会」の委員長に選出したほか、この委員会には対米・核外交の主役だった金桂冠第1外務次官も含まれた。

 中国が、米朝の外交担当者を北京に招き、会談させる。そして当面の危機的状況を緩和させることができれば望ましい。米国側は、北朝鮮との対話は、北朝鮮を核保有国として認めることになるため、今のところ否定的だ。しかし、日本や韓国では、米国による武力行使への懸念が広がっていることもあり、非公式な会談という形なら、応じるだろう。
 
 4月15日は金日成主席の生誕105周年で、大々的な祝賀行事が行われる。中国の動きは、この後に見えてくるだろう。

■五味洋治 ジャーナリスト
1958年7月26日生まれ。長野県茅野市出身。実家は、標高700メートルの場所にある。現在は埼玉県さいたま市在住。早大卒業後、新聞社から韓国と中国に派遣され、万年情報不足の北朝鮮情勢の取材にのめりこんだ。2012年には、北朝鮮の故金正日総書記の長男正男氏とのインタビューやメールをまとめて本にした。最近は、中国、台湾、香港と関心を広げ、現地にたびたび足を運んでいる。

最終更新:4/14(金) 14:00
ニュースソクラ