ここから本文です

【舞鶴白杉】手のひらコウイカ上がる アジも回遊

両丹日日新聞 4/14(金) 12:11配信

 コウイカが京都府舞鶴市白杉で釣れていると聞き、様子を見に行った。管理人の男性によると、訪れた8日朝は2匹上がった。前日は朝に8匹、それ以外の時間に4匹の計12匹が上がったという。いずれも手のひらサイズ。

 イカを釣り上げている場面には遭遇できなかったが、防波堤には、あちらこちらにコウイカが吐いた墨の跡が残っていた。

 コウイカはスミイカとも呼ばれ、釣り上げられたときなどに大量の墨を吐く。また味も良く、刺し身のほか、揚げ物、炒め物などいろいろな料理で楽しめる。

 白杉では、ほかに体長15センチほどのメバルが毎日のように上がっており、6日早朝には体長約20センチのアジが16匹釣れた。

 管理人は「少しずつ魚が回ってくるようになってきました。ただ、群れのサイズが小さいためか、短い時間しか釣れないようです」と言う

週末の舞鶴湾の潮位

 【15日】満潮=5時19分(10センチ)、15時53分(15センチ)▽干潮=9時47分(5センチ)、23時30分(マイナス7センチ)
 【16日】満潮=6時9分(9センチ)、16時14分(15センチ)▽干潮=9時52分(6センチ)

両丹日日新聞社

最終更新:4/14(金) 12:11

両丹日日新聞