ここから本文です

【映像】病気放置され両耳失った猫 新飼い主に出逢いSNSも人気

アフロ 4/14(金) 17:32配信

 耳炎を患っていたにもかかわらず、飼い主が治療を放置したため両耳を失ってしまった猫のオタイティス(Otitis)。

 米メリーランド州ボルチモアに暮らすモリーさんが彼の新しい飼い主だ。
 米メディアによるとモリーさんは里親を探す動物や境遇に恵まれない動物の存在を知ってもらおうとオタイティスのインスタグラムを開設。
 現在のフォロワー数は1万6000人以上で、ソーシャルメディアの人気者となっている。

 生き物を飼育すると決めた以上、飼い主は覚悟と責任を持たなければならない。

(アメリカ、メリーランド州ボルチモア、記事:4月13日 映像:MOLLY LICHTENWALNER/Press Association(PA)/アフロ)

最終更新:4/14(金) 17:38

アフロ