ここから本文です

かぐや姫伝説訪ね静岡の各地で見学

山梨日日新聞 4/14(金) 9:58配信

 山梨文化学園(野口英一理事長)は13日、「富士山縁起を訪ねて」と題して史跡めぐりを行い、静岡県を訪れた。
 本年度最初の史跡めぐりで、山梨郷土研究会理事の堀内真氏が講師を担当。富士山にまつわる木花開耶姫命と、かぐや姫伝説のゆかりの地を巡るもので、まずは富士宮市の富士山本宮浅間大社を訪ねた。
 続いて、かぐや姫にまつわる言い伝えや史跡が点在している富士市の富士山かぐや姫ミュージアムを訪問。参加者は、かぐや姫伝説にちなむ展示物を熱心に見学していた。
 その後、静岡市の静岡浅間神社で歴史を学び、三保松原では羽衣伝説や、富士山から遠く離れていながら世界文化遺産の構成資産となった理由など、講師の話に耳を傾けた。
 次回は5月11日に「井伊家の本拠井伊谷を訪ねて」と題して行われる。

最終更新:4/14(金) 9:58

山梨日日新聞