ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、7回5安打零封10Kの好投! 今季初勝利の権利持って降板

Full-Count 4/14(金) 7:27配信

トラウトの打球が背中直撃のアクシデントもエンゼルス戦で103球力投

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)の敵地エンゼルス戦で7回を5安打10奪三振2四球無失点の好投を見せ、今季初勝利の権利を持って降板した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 レンジャーズは初回、ゴメスが左中間へ先頭打者弾をマーク。早速、リードを受けたダルビッシュはその裏、先頭のエスコバルを空振り三振に仕留めると、その後、ヒットと四球で一、二塁としたものの、プホルスを三ゴロ、二、三塁からシモンズを遊ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

 2回も先頭のメイビンに四球を与えたが、マルテを右飛とすると、1死二塁からエスピノザを空振り三振。その後暴投で1死三塁としたものの、ペレスを見逃し三振に仕留めた。さらに3回もエスコバル、カルフーンと三振に仕留め、4者連続三振。直後、トラウトの投手強襲の打球が背中を直撃するアクシデントに見舞われたが、ダルビッシュは続投。2死二塁からプホルスを遊飛に打ち取った。

 4回も1死から2者連続三振。5回も先頭のエスピノザに左前安打を許したが、その後、ペレスを空振り三振、エスコバルを遊ゴロ、カルフーンを空振り三振に切って取った。

 6回もトラウトに左前打を浴びて先頭打者を出したものの、プホルスからこの日10個目の三振を奪う。直後、シモンズの右前安打で一、三塁としたが、メイビンを二ゴロ併殺に仕留めて得点を許さない。7回はマルテを中飛、エスピノザを左飛、ペレスを中飛と3者凡退に仕留めた。

 レンジャーズ打線も2回にチリーノス、プロファーのタイムリーで2得点、3回にマザラの2ランと序盤に5点を奪い、エースを援護。さらに6回にも3点を奪ってリードを8点に広げた。

 この日、ダルビッシュは6回まで毎回三振を奪う力投を披露。7回を投げ終えたところで103球となり、今季初勝利の権利を持って降板した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/14(金) 7:42

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(月) 4:55