ここから本文です

鮮やかなハナモモに魅せられて 高知・仁淀川町

テレビ高知 4/14(金) 11:42配信

テレビ高知

お花見日和となった13日、高知県仁淀川町には「ハナモモ」を一目見ようと県内外から大勢の人が訪れていました。

(久保アナリポート)
「仁淀川町上久喜地区です。こちらをご覧下さい。 ハナモモとサクラが美しいグラデーションで山を彩っています。」

上久喜は5世帯9人が暮らす集落です。ここではいまサクラとおよそ1000本のハナモモが咲き誇っています。ハナモモはひとつの木から白い花もピンク色の花も咲くのが特徴です。きょうも大勢の人が詰め掛け、目の前に広がる美しい光景をカメラに収めていました。

(松山から訪れた人)
「きれいですね。桃源郷みたいですから(写真を)フェイスブックでアップするでしょ。日本全国の人がびっくりしますよ。きれいで「どこだ?どこだ?」ってどんどん人が増えるんじゃないですか、これから」

ハナモモは地元の人が手入れをしています。

(久原重信さん)
「私は1年間ハナモモの(手入れ)に明け暮れているから喜んでもらうとうれしいです。いきがいを感じる」

仁淀川町上久喜地区を鮮やかに彩るハナモモの見ごろは今度の日曜日くらいまでだということです。

(久保アナリポート)
「上久喜地区からおよそ2キロはなれた久喜地区でも美しいハナモモが咲いています。」

こちらでは地元の人のあたたかいおもてなしも受けられます。地元の人たちがおいしいお茶などを出して接待をしていました。訪れた人たちは目の前に広がるハナモモをゆったりと堪能していました。

久喜地区のハナモモは、4~5日後くらいに満開を迎えそうだということです。

最終更新:4/14(金) 11:42

テレビ高知