ここから本文です

泣けるロックバンドBLUE ENCOUNT、映画『ラストコップ』主題歌も号泣必至!?

4/14(金) 19:07配信

トレンドニュース(GYAO)

“泣けるロックバンド”BLUE ENCOUNTが、映画『ラストコップ THE MOVIE』主題歌に起用された楽曲「さよなら」のMVを公開。最新曲でもファンの涙を誘っているようだ。

「さよなら」(ショート ver.)ミュージックビデオ>>

“ブルエン”ことBLUE ENCOUNTの新曲「さよなら」(4月26日リリース)は、切ないバラード。MVでは、永遠の別れが近づきつつある老夫婦のストーリーが描かれている。以前から感情を揺さぶる音楽性でリスナーの涙腺を刺激することが多かったブルエンだが、最新曲もさっそくファンの間で「泣ける」と評判になっている。

「さよなら」は、唐沢寿明と窪田正孝がバディを組む“刑事アクションコメディ” 映画『ラストコップ THE MOVIE』(5月3日公開)の主題歌にも起用されている。昨年10月期に放送された日本テレビ系ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」でもブルエンは、楽曲「LAST HERO」が主題歌に起用されており、ドラマ版に引き続いての抜てきとなる。

映画『ラストコップ THE MOVIE』は、“最大・最後の事件”とアピールされており、予告映像では、涙を流し絶叫する窪田の演技を見ることができる。ドラマ版主題歌では、激しいロックサウンドでストーリーを勢いづけていたが、クライマックスを迎える映画版では、泣けるロックバンドの真骨頂とも言えるエモーショナルな楽曲で、観客の涙腺を刺激するようだ。

(文/谷本美花@HEW)