ここから本文です

リヨンでサポーター同士が衝突、試合は遅れて開始

ロイター 4/14(金) 14:20配信

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ準々決勝、リヨン(フランス)対ベシクタシュ(トルコ)の第1戦が行われるフランス南東部リヨンで4月13日、試合を前にサポーター同士が衝突し、警官隊が出動するなど、スタジアム周辺は騒然とした空気に包まれた。
 スタジアム内では、相対するチームのサポーター同士が殴る、蹴るの乱闘になり、一部はピッチに逃げ込むなど大変な騒動に発展。スタジアムの外では、群衆をコントロールしようと警官隊が催涙弾や音響閃光弾を発射。この騒動で試合開始は45分遅れた。
 今年の欧州チャンピオンズリーグは、11日にはドイツのドルトムントで、ドルトムントのチームバスを狙った爆弾騒ぎがあり、12日にはマドリッドで、イングランド・レスターのサポーターがスペイン警察と衝突するなど、各地でトラブルが相次いでいる。

(フランス、リヨン、4月13日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:4/14(金) 14:20

ロイター