ここから本文です

ソックらアメリカ勢5人が準々決勝進出 [ヒューストン/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 4/14(金) 22:01配信

 アメリカ・テキサス州ヒューストンで開催されている「US男子クレーコート選手権」(ATP250/4月10~16日/賞金総額53万5625ドル/クレーコート)のシングルス2回戦で、第1シードのジャック・ソック(アメリカ)がトミー・ハース(ドイツ)を6-4 3-6 6-3で破り、準々決勝に駒を進めた。

ソックが錦織を倒して初のマスターズ4強 [BNPパリバ・オープン]

 この日はソックを含む5人のアメリカ人が8強入りし、その中でソックのランキング(15位)がもっとも高い。ソックのほかには、第2シードのジョン・イズナー(アメリカ)、第3シードのサム・クエリー(アメリカ)、第4シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)、そしてワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のエルネスト・エスコビード(アメリカ)がベスト8で集うことになった。

 ソックは2015年のこの大会でツアー初優勝を飾り、今年はオークランド(ATP250)とデルレイビーチ(ATP250)でタイトルを追加した。

 ソックは準々決勝で第6シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)と対戦する。ロペスはチョン・ヒョン(韓国)を4-6 6-2 6-1で下しての勝ち上がり。

 2013年大会優勝者のイズナーはレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を6-7(5) 7-6(3) 6-3で倒して8強入りを決めた。彼は次にチアゴ・モンテーロ(ブラジル)を4-6 6-4 6-4で倒したエスコビードと対戦する。

 ジョンソンは第5シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と準々決勝を戦う。ジョンソンはダスティン・ブラウン(ドイツ)を7-6(12) 6-4で、ベルダスコはニコラス・キッカー(アルゼンチン)を7-6(4) 6-1で退けた。

 最後の準々決勝のカードはクエリーと第8シードのトーマス・ベルッチ(ブラジル)となった。クエリーはホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)を6-4 6-4で、ベルッチはマッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)を2-6 7-6(5) 6-2で、それぞれ破って勝ち上がった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - APRIL 07: Jack Sock of the USA celebrates winning a point in his match against Jordan Thompson of Australia during the Davis Cup World Group Quarterfinals between Australia and the USA at Pat Rafter Arena on April 7, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

最終更新:4/14(金) 22:01

THE TENNIS DAILY