ここから本文です

ハム村田4回1失点で初勝利逃すも、吉井コーチ「次も先発でいってもらう」

4/14(金) 9:47配信

Full-Count

NPB初白星へ「次は5回、6回投げられるようにしたい」

 今季日本球界に復帰した日本ハムの村田透投手が13日、本拠地ソフトバンク戦(札幌ドーム)で初先発した。4回まで2安打1失点と好投していたが、球数が88球とかさんだため降板。NPB初先発初勝利はお預けとなった。

広島絶好調、日本ハムはまさかの最下位…2017年NPB順位表

 中継ぎとして開幕1軍入りして2試合に登板後、先発起用を告げられたのは5日前だった。準備期間が短かったため、交代は80球が目安だった。3回までは4四球を与えながらも無安打。2巡目に入った4回に2安打と1四球で1点を失った。

「もうちょっと行きたかったですけど、ボール、ボールとなったので仕方ないかな。ある程度試合を作れた満足感? あるかもしれないけど、それ以上に清水が自分の良さを引き出すリードをしてくれ、みんなが点を取ってくれたことに感謝しかないです」

 ドラフト1巡目で入団した巨人で結果を残せず、11年に米国に渡った苦労人は、感謝の言葉を口にした。

 栗山英樹監督は「今日のヒーローは村田。長いイニングを投げる準備をさせてなくて申し訳なかった」と試合後、真っ先に31歳右腕を讃えた。吉井理人投手コーチは「次も先発でいってもらう」と明言した。

「次は5回、6回投げられるようにしたい」と話した村田。巨人でプロ野球人生をスタートしてから10年目、NPB初白星をつかむチャンスはまだまだ残っている。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

最終更新:4/14(金) 10:07
Full-Count