ここから本文です

ラツィオ、イタリア杯決勝進出に大きく貢献したセルビアの黄金世代MFと契約延長

4/14(金) 14:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

新たに2022年までの契約を締結

ラツィオは13日、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチとの契約を2022年まで延長したことを発表した。

現在22歳のミリンコビッチ・サビッチはセルビア代表の各年代でプレイし、2013年にU-19欧州選手権を、2015年にU-20W杯を制覇。同代表の将来を担う黄金世代の一人として、今後の活躍が期待されている逸材である。これまでA代表招集経験はあるものの、デビューには至っていない。

一方クラブでは、2015年夏にベルギーのゲンクからラツィオへ移籍。加入初年度から公式戦35試合に出場しており、昨季はチームの主力として活躍した。そして、今季もすでに32試合に出場し、7ゴール7アシストの活躍を見せている。先日行われたローマとのコッパ・イタリア準決勝では、1stレグと2ndレグの両試合で先制ゴールを決め、決勝進出に大きく貢献している。

アーセナルやユヴェントスが興味を示していたようだが、ラツィオとの契約を延長したことで来季も同クラブでプレイすることとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/