ここから本文です

「バンドを組んだけど何をしたら?」UNISON SQUARE GARDENの回答は?

4/14(金) 20:00配信

TOKYO FM+

UNISON SQUARE GARDENが4月12日、TOKYO FMのレギュラー番組「SCHOOL OF LOCK! ユニゾンLOCKS!」に出演。番組のスクール・ドクターとして、リスナーの相談に答える企画で、『バンドを組みましたが、何をしたらいいのかわかりません』という14歳・男子リスナーのお悩みを取り上げ、直接電話をかけてアドバイスしました。


【リスナーに電話】

斎藤「バンドのメンバーは、どういった経緯で集まったんですか?」

リスナー「全員と仲いいわけではないんですけど、友達の友達が音楽好きで5人集まって結成しました」

斎藤「UNISON SQUARE GARDENと同じパターンですね(笑)。“仲良くはないが、音楽好きが集まる”」

田淵「大事ね。仲良くなんかなくたって、バンドは出来るのよ(笑)。なんでバンドをやるってなったの?」

リスナー「僕がギターを先週買いまして、それで友達と楽器の話をしていたら、“バンド組もうか!”ってなりました」

斎藤「楽器歴1週間で、“バンド組もう”っていうその行動力は凄いね。どんな曲をやるのか、話してるの?」

リスナー「カヴァー曲で何をしようか話し合ってます」

斎藤「例えば具体的な曲名とかある?」

リスナー「MONGOL800の『小さな恋のうた』です」

斎藤「名曲ですよね」

鈴木「そこからカヴァーをやっていって、オリジナルも作りたいの?」

リスナー「ゆくゆくはオリジナル曲を作って、未確認フェスティバル(10代の音楽フェス)にも出たいです!」

斎藤「目標があっていいじゃないですか!」

【メンバー3人で相談】

田淵「14歳でバンドを始める時代なんだね」

鈴木「俺らが集まったのは、15、16歳くらいか?」

田淵「でも将来の活動なんか考えてた? 『初めてのスタジオです→この曲やります→決めました→やりました→楽しかったです→上手になりました→じゃあライブやります→ライブ終わりました→次どうします?→文化祭があります→文化祭終わりました→次どうします?→じゃあオリジナル作ってみましょうか!』っていう目先の目標の連続だった記憶があって。そんなに先を見越してやっていた記憶が無い」

斎藤「そうだね。楽器買って“じゃあ次はバンドだ!”っていう行動力が凄い!」

鈴木「俺らも最初から“オリジナルやりたい!”って集まったわけじゃなくて、“バンドやりたいね”で集まったよね。何の曲をやりたいかって時も、3人の趣味が全然違ったもんね? でも3人共通で“このバンド、カッコイイよね”って言える1曲が見えてくるんだよね。“じゃあ、その曲をやろうか”ってなって。
で、ライブとかやっているうちに“そろそろオリジナルやろうか”ってなったタイミングがあったじゃない? アレって活動して1年後だったよね? 田淵が言い始めたと思うんだけど、どういうきっかけだったんだっけ?」

田淵「ええ!? わかんないけど、“自分でも出来そうだな”って思ってかな? 自然発生なんだよね。目標を持ってやってたわけじゃないから。別にプロになるつもりもなかったし、“オリジナルやるぞ!”ってバンドを始めたわけでもなかったから。(相談者のリスナーから)最初に出たのは“バンドをやりたいから組んだ!”だったから、まず『バンドをやる』っていうのが1個目の目標でいい気がする。で、バンドをやったら“次、どうする? 曲を増やす?”って、自然に出てくるのを待ったほうがいいんじゃないですかね」

1/2ページ

最終更新:4/14(金) 20:00
TOKYO FM+