ここから本文です

ブレイク・ライブリーが出産中、ライアン・レイノルズが流した意外な曲とは?

ELLE ONLINE 4/14(金) 22:20配信

ライアン・レイノルズとの間に長女ジェームズちゃんと次女イネスちゃんの二人娘がいるブレイク・ライブリー。ジェームズちゃんを出産するとき、ライアンがどんな曲を分娩室で流したのかを暴露!  実は2016年2月、ライアンはセス・メイヤーズのトーク番組に出演中、「分娩室でマーヴィン・ゲイの“Let's Get It On“を流したんだ。ブレイクの目からステーキナイフが飛び出してくるような感じだったよ」 と告白。真面目な顔でジョークを言うことで有名なライアンのことだから、このコメントも冗談なのか本当なのかハッキリせず……。

【写真】ブレイク・ライブリーとライアン・レイノルズが愛娘をウォーク・オブ・フェイムで初披露

ところが、ブレイクがファッションブランド「マイケル・コース」のYouTubeチャンネルで公開されたビデオで、真偽を明かした。デザイナーのマイケルと「真実かフィクションか」という、相手の告白が本当なのか、もっともらしい嘘なのかを見破るゲームに挑戦したブレイクは、「私の夫は出産の時にマーヴィン・ゲイの“Let's Get It On“をかけた」と出題。マイケルが「真実」と答えると、ブレイクは「イエス! 医者さんがこの曲を聞いてあまりにも笑うから、赤ちゃんを落としちゃうんじゃないかと思ったわ」。

”Let's Get It On”の歌詞は「長い間 君への気持ちを隠そうとしてたんだ / 君の気持ちがもし僕と同じなら ベイビー / 僕の元に来てくれ / さあ来てくれ / 愛し合おうよ ベイビー」。つまり、ずばり「セックスしようよ」という曲。これを出産中に流すって……ライアンのユーモアセンスって、やっぱり個性的。次女のイネスちゃんを出産したときには、どんな曲を選んだのかが気になる!
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:4/14(金) 22:20

ELLE ONLINE