ここから本文です

クーマン監督、エヴァートンからの退団が噂されるバークリーは「UCLでの挑戦を望んでる」と明かす

4/14(金) 16:44配信

theWORLD(ザ・ワールド)

至宝の残留を望む

イングランドのエヴァートンを指揮するオランダ人監督ロナルド・クーマンが、移籍の噂されるロス・バークリーの去就について言及している。

グディソンパークにおける彼の勇姿もいよいよ見納めとなるのだろうか。エヴァートンとの契約満了が近づくイングランドのホープ、バークリーはヨーロッパの舞台を熱望しており、トッテナムがこの23歳MFの獲得に関心を示しているとされる。クーマン監督は、現在クラブとバークリーの間で新契約に関する交渉が行われていると明かし、チャンピオンズリーグのチケット確保に向けてバークリーの助けが必要だと述べた。

「2~3週間前にバークリーと話し、彼がチャンピオンズリーグでの戦いを望んでいるということを聞いたよ。そして私も同じ気持ちだと彼に伝えた。我々は今適切な成長を続けているし、バークリーはその中でキーマンのような存在だ。クラブの至宝であり、この街の希望でもある。こんな素晴らしい環境はないだろう」

しかし、クーマンはバークリーの心情に理解も示している。

「選手なら誰だってチャンピオンズリーグで戦うことを望むだろう。指揮官だってそうだ。それは至ってノーマルなことだよ。我々の次なる目標はヨーロッパで戦うことだ。もちろん簡単なことではないがね。いずれにせよ、彼がどうするつもりなのかをシーズン終了前に聞きたいね」

http://www.theworldmagazine.jp