ここから本文です

失点40のリヴァプール、夏の本命はやはり68億円のファン・ダイクか 英紙報じる

4/14(金) 18:03配信

theWORLD(ザ・ワールド)

注目のオランダ人確保へ

彼らが最終ライン強化の救世主として選んだのはオランダの注目株だ。イングランドのリヴァプールは今夏、サウサンプトンのDFフィルジル・ファン・ダイクとの契約を実現させるつもりだという。

ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールは今季のプレミアリーグで40もの失点を喫しており、この数字は上位7チームの中で最も多いものだ。そこでクロップ監督が目を付けた人物こそ、今季その評価を急上昇させ、マンチェスター・シティやエヴァートン、チェルシーといったクラブも獲得を狙うサウサンプトンのオランダ代表CBだと英紙『METRO』が報じている。曰く、レッズはこの25歳の優秀なストッパーとのサインを真剣に考慮しており、補強リストの上位に置いているとのこと。また、アダム・ララーナやナサニエル・クライン、サディオ・マネ、そしてデヤン・ロヴレンら“サウサンプトン組”を強奪してきた近年の成果も、彼らの関心に拍車をかけていることだろう。

その評価額が約68億円にも上るとされるファン・ダイク。果たして壮絶な獲得レースを制するのは、サウサンプトンとの太いパイプを持ったリヴァプールとなるのだろうか。今夏の動きに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp