ここから本文です

楽天・釜田が5回2失点で今季初勝利 茂木は初猛打賞 チームは首位キープ

Full-Count 4/14(金) 21:37配信

2被弾で2点を失うも粘投、6回から中継ぎが無失点リレー

 楽天は14日、本拠地での日本ハム戦に3-2で勝利。先発のマウンドに上がった釜田佳直投手は、5回2失点で今季初勝利を飾った。打っては茂木栄五郎が今季初の猛打賞。チームは首位をキープした。

 先発の釜田は、2回に日本ハムのドラ2石井一にプロ初アーチを献上。味方が逆転に成功した直後の5回にも、近藤にライトへソロ弾を運ばれて同点とされるが、勝ち越しは許さなかった。

 打線は「1番・遊撃」で先発した2年目の茂木が躍動。すでに2本のヒットを打って迎えた5回の第3打席に、センターへの二塁打で出塁すると、続くペゲーロの特大右中間二塁打で決勝のホームを踏んだ。毎回走者を背負いながらも粘投した釜田を援護した。

 6回にはあわや乱闘のハプニングも起きた。日本ハム3番手の公文が、藤田の右耳付近のヘルメットに当たる死球を投げ、危険球で退場。藤田は公文の元へ向かおうとしたが制され、両軍ベンチが飛び出す一触即発の状況となった。

 日本ハムの連勝は「2」でストップ。怪我人が続出するチームにとって痛い黒星となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/14(金) 21:37

Full-Count