ここから本文です

テロ等準備罪 衆院で審議入り

ホウドウキョク 4/14(金) 19:52配信

テロ等準備罪を新設する法案が、衆議院・法務委員会で審議入りした。
共謀罪の構成要件を厳しくしたテロ等準備罪を新設する法案は、テロ組織などの組織的犯罪集団が重大な犯罪を計画し、準備行為が行われた段階で処罰される法案で、対象犯罪は277を数える。
政府は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのテロ対策として、国際組織犯罪防止条約に締結するために必要の法案だとして、今国会での成立を目指していて、14日に行われた衆議院法務員会では、金田法務相が法案の趣旨説明を行い、あらためて法案の必要性を訴えた。
与党は19日から実質審議を行い、連休明けの衆議院通過を目指す方針だが、野党は一般市民にも捜査が及ぶ可能性があるなどとして、廃案を目指していて、今後、与野党の攻防が激しさを増すとみられる。

最終更新:4/14(金) 19:52

ホウドウキョク