ここから本文です

ラグビーNZ女子選手ら小学校訪問 歌や腕相撲楽しむ 厚木

カナロコ by 神奈川新聞 4/14(金) 8:10配信

 神奈川県厚木市内で合宿中のニュージーランド(NZ)女子7人制ラグビー代表チームの選手らが12日、市立相川小学校(同市岡田)を訪れ、児童と交流した。

 同代表チームの市内合宿は初めて。同市がホストタウンとなり、2020年東京五輪・パラリンピックでキャンプ誘致を目指している。今回は22、23日に福岡県で開催される国際大会出場に向けて10~16日に市内で調整している。

 学校訪問は練習の合間に行われた。選手やヘッドコーチら16人が児童と給食を食べ、歌や腕相撲をして交流。児童の応援メッセージが書かれた横断幕がプレゼントされた。

 同代表チームは世界トップクラスの実力で、15日には練習拠点の荻野運動公園(同市中荻野)で子ども向けのラグビー教室も開催する予定。

最終更新:4/14(金) 8:10

カナロコ by 神奈川新聞