ここから本文です

京の美食・土産・体験 、4月14日京都タワー大改装

4/14(金) 12:30配信

Lmaga.jp

古都のランドマーク「京都タワービル」(京都市下京区)の2階から地下1階が全面リニューアルし、「京の美食・京の土産・京の体験」ができる『京都タワーサンド』として4月14日にオープンした。3フロア合わせて55店舗が出店。「これまでにない、これからの京都」をコンセプトに、京都の「今」を感じるラインアップとなった。

【写真】「おたべ 手作り体験道場」では、生八つ橋の手作り体験(1200円)/4月14日オープン「京都タワーサンド」

地下1階は「京都を味わう食べ歩きが楽しいフードホール」をテーマに、「京の焼肉処 弘(ひろ)」や「魏飯吉堂(ぎはんはじめどう)」(中華)、「ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)」、「京都千丸 しゃかりき」(ラーメン・つけ麺)など、京都の人気店19店舗が集結。フロア内には飲食スペースが400席あり、どの店もキャッシュオンスタイルで、気軽に京都の食を堪能できる。23時まで営業しており、夜遅く、京都に到着した旅行者や、地元ワーカーの仕事帰りの1杯にもうれしい限り。

1階は和洋菓子から漬物、コスメなど、お土産探しにうれしいショッピングフロアに。 31店舗の中には、定番土産のほか、モダンな落雁専門店の「UCHU wagashi(うちゅうわがし)」や、「祇園辻利」の抹茶味リップクリームを販売する「京都しゃぼんや」、カラフルでおしゃれな飴「京あめ クロッシェ」など、話題店もいろいろ。京都好きの大人女子の心をくすぐるラインアップだ。

2階は和の文化に触れる体験フロアに。寿司職人に習う寿司の握り方講座や、抹茶パフェや京菓子などの食品サンプル制作体験など、こちらは外国人ツーリストや修学旅行生に人気が出そうだ。

取材・文・写真/天野準子

最終更新:4/24(月) 18:14
Lmaga.jp