ここから本文です

菅田将暉、初の主演男優賞に驚き「ちょっと想像していなかったです」

4/14(金) 11:18配信

クランクイン!

 俳優の菅田将暉が、13日に都内で実施された「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」の授賞式&記念上映に出席。初めて主演男優賞に輝いた菅田は「こうやって賞を頂けるっていうのは、ちょっと想像していなかったです」と語った。

【関連】「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」フォトギャラリー


 『セトウツミ』と『溺れるナイフ』の演技が評価されて主演男優賞を受賞した菅田は、「もうそろそろ高校生役ができなくなってきそうな僕ですけれど、今のうちにちゃんと学生服を着て、こういう賞が取れて、すごくうれしいです」と喜びのコメント。「作風は全然違いますけど、必死に、地道に、1カット1カット大切にやって、本当に良かったなと心から思います」と受賞を噛み締めた。

 主演男優賞の初受賞については、「別格に重いといいますか、単純な数で言うと、助演男優賞のほうが、数の難しさがあると思うんですけど。主演以外の方が全員助演なので。でも、主演をちゃんと張るというか、真ん中にいて、お客さんの前に立てるっていうのは、やっぱりすごいことで、その中でもこうやって賞を頂けるっていうのは、ちょっと想像していなかったです。この賞に関しては。それくらい、驚きの喜びです」と感慨深そうに話していた。

 菅田と共演した『溺れるナイフ』や、『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』で新進女優賞に輝いた上白石萌音は、「2作品で、奇しくも呼び名が同じ『かなちゃん』という同じ役で、こうして賞を頂けたことを、何かのご縁に感じています(笑)」とにっこり。「新進という言葉に恥じぬように、これからも誠実に役に向き合って、お芝居をしていきたいと思います」と決意を示した。
 
 「日本映画プロフェッショナル大賞」」は、1992年にスタートした映画賞で、既成の映画賞とは一線を画しつつ、高い評価を得た作品や個人を中心に、映画関係者30名による選考委員の投票および、実行委員会の独自の評価で贈賞を決定する。この日は、真利子哲也監督(作品賞 『ディストラクション・ベイビーズ』)、間宮夕貴(新進女優賞『風に濡れた女』)らも登壇した。

最終更新:4/14(金) 17:09
クランクイン!