ここから本文です

『ひとパー』ブルゾンちえみの演技力に高評価! 「演技に違和感なさすぎ」

4/14(金) 11:45配信

クランクイン!

 桐谷美玲が女子力ゼロのリケジョを演じるドラマ『人は見た目が100パーセント』の第1話が13日に放送。今、女子高生を中心に大ブレイク中のブルゾンちえみがドラマ初挑戦することでも話題となった本作だが、放送終了後、「ブルゾン演技うまいけど、ブルゾン感消えてなくて絶妙にいい」「ブルゾンちえみさんの演技が違和感なさすぎる!さすがです!」とSNSを中心に大きな反響を呼んでいる。

【関連】「桐谷美玲」フォトギャラリー


 本作は、幅広い世代の女性から圧倒的な支持を得ている、大久保ヒロミによる同名コミックを原作にしたラブコメディー。八王子製紙で製紙素材の分析をする研究員の城之内純(桐谷)は、自分に自信がない地味な女性。ある日、純や研究仲間の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)らが所属する第3研究室が、大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収されることが発表される。おしゃれな世界のクレエラ社との合併、そして新年会で顔を合わせたクレエラ社の社員を前に圧倒された純たちは、ビューティーについて学んでスキルアップを図ろうと決意し、さっそく流行のメイクについて研究を始めるが…。

 ドラマ初出演とあって、その演技力が話題となったブルゾンだが、一方で、普段のメイクとは違うナチュラルメイク姿にも、「ブルゾンちえみの顔が衝撃的なんだがwwwww 垂れ目カワユス」「メイクが変わると印象が変わるブルゾンちえみ…」「ブルゾンちえみ、ナチュラルメイクだと全然誰だかわからんなw」と注目するファンの声が多数寄せられた。

 また、2016年7月期の月9ドラマでは、海辺のレストランで働くパティシエを演じるなど、キラキラした役どころの多かった桐谷は、本作ではひたすら地味で研究に没頭する理系女子役を熱演。すっぴんに近い薄化粧から、白眼になる変顔まで披露した。そんな桐谷の演技に、「1番びっくりしたのが桐谷美玲さんの白目!あんな綺麗な白目初めてみたww」「桐谷美玲ちゃんは演技が体当たりで好きです」といった声が寄せられ、ツイッターのトレンド入りも果たした。

『人は見た目が100パーセント』は、毎週木曜22時よりフジテレビ系で放送。

最終更新:4/14(金) 11:45
クランクイン!