ここから本文です

カターレ社長に森野氏 本社来社 J2復帰へ抱負

4/14(金) 0:32配信

北日本新聞

 J3カターレ富山は13日、富山市の富山電気ビルで株主総会と取締役会を開き、酒井英治社長(62)が退任し、後任に森野弘樹氏(52)が就いた。2人は同日、北日本新聞社を訪れ、J2復帰に向けて抱負を語った。

 森野社長は北陸電力経営企画部関連事業室長を経て、任期満了の酒井氏の後任に選ばれた。設立から10年を迎えるクラブを託され、「今年は節目の年。さらに応援してもらえるチームにしたい」と気を引き締めた。

 昨季のリーグ戦は、13勝10分け7敗と振るわず、J2復帰は果たせなかった。酒井氏は「J2に上がれなかったのは申し訳なかった」とする一方、開幕4戦を終え、3勝1敗と好調を保つチームに「今年はかなり期待できる」と手応えを示した。

 ホーム戦での観客動員数は、J2入りの条件よりも2千人多い、1試合平均5千人を目指す。森野社長は「ファンに足を運んでもらえるような楽しい仕掛けをつくりたい」と意気込みを語った。岡田洋一管理部長が同行した。

北日本新聞社

最終更新:4/14(金) 0:32
北日本新聞