ここから本文です

F1バーレーンGP FP1:新空力パッケージ投入のベッテルがトップタイム

4/14(金) 21:54配信

オートスポーツweb

 4月14日(金)の午後2時から始まったF1第3戦バーレーンGPのフリー走行1回目は、いかにも砂漠らしい雲ひとつない快晴で降水確率は0%。気温36℃、路面温度46℃の暑さのコンディションで始まった。 

F1モナコGP、フェルナンド・アロンソの代役はジェンソン・バトンに

 セッション直前には、インディ500に挑戦するフェルナンド・アロンソの代役として、ジェンソン・バトンの復帰が正式に発表された。マクラーレン・ホンダのガレージでエンジニアと談笑するアロンソは、メルボルンや上海と比べて、明らかに表情が明るい。

 予選、レースはともに日没時の午後6時に始まるため、路面コンディションはまったく違う。バーレーン用パッケージの作動確認が、とりあえずのメニューだ。中国からの連戦ながら、レッドブルやフォース・インディアなど新たな空力パッケージを投入。中でもフェラーリはフロントウィングやフロアなど、かなり大掛かりな改良を施してきた。

 セッション序盤はほとんどのドライバーが、今回最も固いミディアムを装着して周回。そこから徐々にソフトへと移行しつつあった開始後37分、フェラーリのキミ・ライコネンがターン13の立ち上がりでスローダウン。リヤから白煙を吐きながら、コース脇にマシンを止めた。


 好調トロロッソのカルロス・サインツJr.が、ソフトの暫定最速タイムを記録。しかしすぐにルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスが1秒以上の差で1-2を独占した。その後はウイリアムズの2台、そしてセルジオ・ペレスが1分34秒台前半のタイムで上位に付けた。

 午後3時。路面温度は38℃まで上昇した。ここでセバスチャン・ベッテルが、ソフト新品で1分32秒697を記録。昨年のFP1でニコ・ロズベルグが出した最速タイムを、コンマ3秒しのいで見せた。

 午後3時9分。11番手の自己ベストを出したばかりのストフェル・バンドーンが、ターン10でストップ。一方のアロンソはトラブルとは無縁で、ベッテルから1秒6差の8番手タイムを出した。終了8分前には、フェリペ・マッサがターン13でスピン。自力でピットに戻ったものの、「完全にブレーキがなくなった」と無線で訴えていた。

 最終的にベッテルのタイムを上回ったドライバーはおらず、ダニエル・リカルドがコンマ4秒差、マックス・フェルスタッペンがコンマ9秒差で続いた。

[オートスポーツweb ]