ここから本文です

巨人、課題の“1、2番コンビ”

4/14(金) 11:00配信

ベースボールキング

 巨人は開幕5連勝と好スタートを切ったが、広島との3連戦で3連敗するなど、現在4連敗中。

 先発陣、リリーフ陣と課題は多くあるが、“1、2番コンビ”の出塁というのも当てはまるだろう。山本昌氏は13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター巨人-広島』で、「1、2番の迫力という面では、中井君、立岡君にしても打率3割とはいいませんけど、自分の仕事をしてレギュラーに定着する。チーム力がありますので、打線で1、2番は凄く大事」とその重要性を語る。

 山本氏も現役時代に「私も試合をしていて、巨人が仁志敏久さん、元木大介さん、清水隆行さんが1、2番を打つジャイアンツは嫌でした。その後ろには、高橋由伸監督であったり、凄いバッターが並んでいた」と振り返る。

 山本氏が話したように当時の巨人は、“仁志、清水”の1、2番が出塁し、高橋由伸、松井秀喜、清原和博といった中軸で還すという抜け目のない打線だった。今季は3番・坂本勇人、4番・阿部慎之助が打撃好調も、1番の中井大介が打率.222、2番の立岡宗一郎の打率も.217と“1、2番”にしては物足りない。

 特に2番を任されている立岡はバントを失敗するシーンが目立つ。そのことについても山本氏は「使ってもらっているうちはいいんですけど、バントを失敗したりしていると、少し(調子が)落ちたりすると代役が出たときに、スパッと変えられてしまう。レギュラーを掴むなら2番なら2番の仕事ができないと、いつか代えられてしまう。バントは2番に必要な資質ですね」と指摘する。

 好調の坂本、阿部、さらにマギー、長野久義といった実績組も状態をあげていけば、「広島打線と変わらない怖い打線になるんですよ。1、2番の成長が待たれるなと思いますね」と話す。

 陽岱鋼、片岡治大、クルーズといった主力が故障や外国人枠の問題で、二軍調整中の中、“1、2番コンビ”で出場を続ける中井と立岡。得点圏で坂本、阿部に回すためにも、1、2番の出塁は非常に重要になってくる。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 5:15