ここから本文です

【甲府vs新潟プレビュー】甲府はエースFWの欠場が痛手…新潟は今季初勝利なるか

4/14(金) 19:26配信

SOCCER KING

■ヴァンフォーレ甲府 FWウイルソンはけがで欠場濃厚、DF阿部翔平擁する左サイドが強み

【プラス材料】
 ルヴァン杯も含めれば、2勝3分けの5戦負けなしと好調。その間わずか1失点と守備の安定が結果に表れている。GKは河田晃兵の負傷によって出番を得た岡大生がクロスの捕球、最終ラインとの連携などで安定感を見せ、5バックは新加入のエデル・リマが対人能力の高さを示している。

 一方の攻撃も食いつかせてスペースを空け、そのスペースをパスの出し手が使う連係が出つつある。特にDF阿部翔平の加入を契機として、左サイドがチームのストロングとなった。前節の川崎戦は先発中7名が新加入、もしくは復帰で昨季は甲府にいなかった顔ぶれ。しかし吉田達磨新監督の下、想像以上の速さで連係の構築が進んでいる。

【マイナス材料】
 FWウイルソンが右足のハムストリングを痛めており、新潟戦は欠場が濃厚。堀米勇輝、ドゥドゥ、河本明人といったFW陣は好調だが、ボールを運び、収める力強さを欠いている。またMF田中佑昌も前節の川崎戦を欠場した。代わりに先発した新加入のMFボザニッチは元オーストラリア代表の技巧派だが、スプリント力を強みにはしていない。ウイルソンと田中の不在はスペースへの推進力、カウンターの迫力といった要素を損なう。

 12日のルヴァン杯でも森晃太、熊谷駿と負傷退場が相次ぎ、陣容はさらに薄くなっている。また川崎戦、G大阪との開幕戦と試合の最終盤の失点で勝ち点を減らす展開で、第2節の鹿島戦は後半ロスタイムのPK失敗により勝ち点を落とした。詰め、勝負強さという部分も甲府の不安要素だ。

文:大島和人

■アルビレックス新潟 リーグ前節・鳥栖戦でDF富澤清太郎がけがから復帰

【プラス材料】
 今節のチームのプラス材料は、経験豊富なDF富澤清太郎がリーグ前節・鳥栖戦で第2節・神戸戦以来となる先発フル出場を果たした。結果は3失点でまたも初勝利はお預けとなったが、刻々と変わる試合の流れを読み、チーム戦術を成立させるために守備をコントロールするベテランの力は不可欠だ。

 また12日のルヴァン杯広島戦では、左サイドバックで出場した堀米悠斗が仕掛ける姿勢を前面に長短のパスを駆使しながら攻撃の起点となり、存在感を見せた。三浦文丈監督も「トレーニングのアップから高い意識でやり続けている。だからチャンスが来た時、しっかりパフォーマンスを出せる」と評価。リーグで初出場を果たせば、原輝綺を本来のポジションであるボランチで起用可能となる。

【マイナス材料】
 前節・鳥栖戦は3失点して完封負け。今週のチームのマイナス材料は、現時点でのベストメンバー、チーム編成を模索しながら、その作業と並行してシーズン初勝利を目指さなければならない現状である。

 特に左サイドの再構築は急務だ。鳥栖戦ではユーティリティー性の高いボランチの原が左サイドバックにコンバートされた。攻撃に関してはビルドアップ時の安定した配球や積極的な仕掛けでチームに推進力をもたらしたが、守備では連係の乱れもあり、同サイドから失点した。左サイドから4試合連続での失点で、対戦相手の狙い目にもなっている。ここまで12失点中、7失点を喫しているセットプレーの守備とともに、どこまで改善されているか。

文:totoONE編集部

SOCCER KING

最終更新:4/14(金) 19:27
SOCCER KING