ここから本文です

【清水vs大宮プレビュー】過去の対戦成績は清水優勢…大宮は今季初勝利をつかみ取れるか

SOCCER KING 4/14(金) 19:27配信

■清水エスパルス カヌとチアゴ・アウベスが12日のルヴァン杯・札幌戦で実戦デビュー

【プラス材料】
 2試合連続3失点で連敗した後、リーグ前節・柏戦で守備を修正し、無失点で勝てたことは非常に大きかった。内容的には押される展開だったが、しっかりと組織で守ったところから攻撃に転じ、チャンスの数でも上回れたことを「そういう勝ち方ができることはすごく大事」と小林伸二監督は言う。

 課題であるセットプレーの守備でも決定機は作らせず、逆に今節の相手である大宮はここまでセットプレーの得点がないことも清水にはプラス要素。また、エースの鄭大世は、ここまで4得点で得点ランク3位。さらに昨年は長期離脱していたミッチェル・デュークにも今季初ゴールが生まれ、決めきる選手がいることも大きい。

 もうひとつけが人の多くが戻ってきて、カヌとチアゴ・アウベスも12日のルヴァン杯札幌戦で実戦デビューし、選手層が厚くなってきたことも大きなプラスだ。

【マイナス材料】
 IAIスタジアム日本平では今季ここまで公式戦3連敗。ホームで勝てていないことが最大のマイナス材料だ。サポーターの声援は相変わらず絶大だが、それが重圧や硬さにつながってしまうと危険。昨年もその悪循環に陥り、ホーム初勝利まで6試合かかっている。

 また、大宮に移籍した大前元紀の穴はまだ十分に埋まっていないため、鄭を徹底マークで封じられた場合には不安要素が残る。大前から10番を受け継いだ白崎凌兵も、このところゴールチャンスは増えているが、決めきれていない。今節は大前との10番対決で気持ちはかなり入っているだろうが、それが力みにつながるとマイナス材料になりうる。

 セットプレーの守備は、柏戦では悪くなかったが、メンバーが違うとはいえ札幌戦でもCKから失点しており、ウィークポイントのひとつであることに変わりはない。

文:totoONE編集部

■大宮アルディージャ 12日のルヴァン杯第2節・柏戦で今季初の勝ち点獲得

【プラス材料】
 リーグ開幕6連敗と泥沼状態のチームが、ようやく今シーズン初めて、公式戦で負け以外の結果をつかんだ。12日に行われたルヴァン杯の結果は0-0。公式戦7試合のうち6試合でゴールを決められていない状況ではあるが、チームにとって大きな意味を持つ勝ち点1になるはずだ。

 昨シーズンはルヴァン杯で好パフォーマンスを示した選手がリーグ戦でも起用され、チームに良い競争が生まれた。もう一度、その循環を取り戻したい。GKにはその柏戦でポジショニングが光り、しっかりとキャッチで相手の攻撃を切っていた塩田仁史が戻ると予想するが、柏戦に出た複数の選手が先発入りするはずだ。

 試合終盤に10人になりながらもハードワークを続け、勝ち点をつかんだ流れを継続できるかが、J1残留に向けた第一歩になるはずだ。

【マイナス材料】
 リーグ戦6戦全敗。この結果がもたらす重圧は、選手たちのプレーに大きな制限をかけている。

 前節の神戸戦でも、我慢が必要な時間帯で奥井諒にミスが出て、先制点を与えてしまった。公式戦7試合でわずか1ゴールのチームが勝ち点を取るためには、まず何よりも失点を与えてはいけないのだが、自信のないプレーから相手にゴールを許している。まずはこの状況を打破する必要がある。シーズン序盤はゴール前でのチャンスを生かせない、いわゆる「決定力不足」が課題に挙げられたが、試合を重ねるごとにシュートに持ち込む回数自体が減っており、深刻な状況にある。

 戦力面を見ると、瀬川祐輔が負傷により別メニューでの調整となっている。重圧がかかる状況だが、若手を抜擢して勢いづけてもらうのも手だ。

文:totoONE編集部

SOCCER KING

最終更新:4/14(金) 19:28

SOCCER KING