ここから本文です

【FC東京vs浦和プレビュー】FC東京は浦和のサイド攻撃対策を意識か…浦和は前節の仙台戦で7-0の圧勝

SOCCER KING 4/14(金) 19:30配信

■FC東京 大久保嘉人が負傷のため、前田遼一の先発も

【プラス材料】
 前節は、開始8分に東慶悟が先制点をゲット。チームとして今季初、前半に得点を挙げられたことは、進歩の証だ。ボール支配率も札幌を上回り、「つなぐ意識」が浸透してきたこともプラス材料にしてよいはずだ。

 しかし、札幌のカウンターを受けて逆転負けを喫した。そのため、選手ミーティングを実施。今一度、原点に立ち返り、「バラバラにならず、方向性を擦り合わせる(林彰洋)」ための良い機会となったようだ。

 今節は浦和のサイド攻撃対策をとり、徳永悠平を右サイドバックに、室屋成を左で起用する可能性も。また、大久保嘉人が右腿を痛めたため、前田遼一の先発も考えられる。永井謙佑は、過去に「浦和戦」を得意としており、彼らが前線からプレスをかけ、鹿島戦や川崎戦で見せたような粘り強い試合運びの中から、相手の隙を突きたい。

【マイナス材料】
 ここ2試合勝利がなく、攻守に精彩を欠いている。何より、篠田善之監督が目指すサッカーのベースとなる、ハードワークや球際の勝負、攻守の切り替えの早さを失っていた。また、前節、ピーター・ウタカが右膝を負傷し、今節の欠場が濃厚だ。攻撃を活性化させる選手の不在は、チームにとって大きな痛手だ。

 前節の敗戦について、「選手個々がバラバラになってしまった」と省みる篠田監督。そこからいかに立て直せるかが、カギになる。

 浦和は現在絶好調であり、FC東京が最も苦手とする対戦相手でもあるが、指揮官は「相手に関係なく、自分たちがどのように戦いたいのか、何を成し遂げたいのか、そこをもう一度、はっきりさせるゲームにしたい。その姿勢を見せ、迎え撃つのではなく、自らチャレンジし続けたい」と決意を込めた。

文:totoONE編集部

■浦和レッズ ラファエル・シルバは故障明けの上海上港戦で即ゴール

【プラス材料】
 前節の仙台戦では7-0と圧勝した浦和。7-0は2005年10月15日の柏戦以来の大勝である。また、中3日で迎えたACLの上海上港戦では、アジア屈指の強敵を相手に苦しみながらも勝ち点3を取り、グループステージ突破に王手をかけたこともチームの勢いを加速させている。

 上海上港戦では興梠慎三を出場停止で欠場したが、ここまでACL、リーグ戦と試合に出ずっぱりだった彼にとってはいい休養となったはずだ。また、足の違和感でリーグ戦を欠場していたラファエル・シルバは上海上港戦で復帰即ゴールを決め、相変わらずの高い決定力を見せたのも心強い。

 FC東京には2013年9月を最後に公式戦で負けておらず、現在6連勝中と好成績を残しているが、その相性の良さが続くか注目だ。

【マイナス材料】
 前節の仙台戦で7-0と圧勝した浦和は、リーグ戦6試合目にして初めてクリーンシートを達成。続く中3日で迎えたACLの上海上港戦も無失点で乗り切ったものの、内容を見ればまだまだ不安定な対応が懸念材料として残っている。

 仙台戦の42分に負傷交代した関根貴大の状態も気になるところだ。相手選手との接触で脇腹を痛そうにしていた本人は試合後、次の試合には出られるとの見解を示していたが、練習では別メニュー。関根の右サイドからの仕掛けは多くのチャンスを生んでいるため、欠場となったら浦和にとっては痛手だ。また、上海上港戦では駒井善成が接触プレーで足を痛める場面があった。結局フル出場したものの、練習ではこちらも別調整。攻撃的ウィングバックの選手にけがが出ているのは気がかりだ。

文:totoONE編集部

SOCCER KING

最終更新:4/14(金) 19:32

SOCCER KING