ここから本文です

女子アナ五戸美樹は断言します「ダイエットは科学だ」

日刊スポーツ 4/14(金) 15:57配信

 私、アナウンサーの五戸美樹は、「ダイエットは科学だ」と断言します。ダイエットは「何を信じるか」の問題で、「信仰みたいなものなんじゃないか」と五戸は思っていたのですが、データに基づいたロカボでのダイエットは、安心で安全でわかりやすい。ですから今はこう思っています。「ダイエットは科学」だと! それでは「元ニッポン放送アナウンサー五戸美樹のごのへのごろく・第3回ダイエット編『糖質を知ろう』」をどうぞ。

※※※※※※

 【前回までのあらすじ】 トーク編と併行して今月からダイエット編がスタート。なお先月までも番外編で“ロカボ商品”の取材模様を紹介。番組企画で無事ダイエットに成功した五戸でしたが、無理なダイエットは続けられない…そこで出会ったのが、ロカボでした。

■■糖質制限の第一人者・山田悟医師を取材■■

 ロカボの名付け親で、北里研究所病院糖尿病センター長で医学博士、「一般社団法人 食・楽・健康協会」代表理事の山田悟先生の著書「ロカボで食べるとやせていく」(幻冬舎)を参考図書に、北里研究所病院で山田先生に取材した内容を、以下にまとめます。

 ※山田先生監修の新刊『世にも美味しい「ゆるやかな糖質制限ダイエット」』(世界文化社)も発売中

 「ロカボ」は“ローカーボハイドレート”の略で、“ロー(低い)+カーボハイドレート(糖質)”のこと。1食の糖質摂取を20g~40g、一日70g~130gにする、ゆるやかな糖質制限です。カロリー制限よりも糖質制限のチームのほうが減量に成功したというのは前回書いた通り。

 20g~40gの糖質がどのくらいかわからないと制限もできないので、この機会に覚えちゃいましょう! カロリー制限のダイエットでは、食材一つ一つのカロリーを調べて計算しなければならないので、とても大変ですが、糖質制限では糖質の多いものと少ないものを覚えればだいたいの計算ができますので、とても効率的です。

 まず、糖質が多いもの。簡単に言うと、炭水化物と砂糖です。以下にまとめます。

 (1)穀物…米、小麦、そば

 (2)イモ類…さつまいも、じゃがいも、やまいも

 (3)甘味料…砂糖、黒糖、グラニュー糖、蜂蜜、メープルシロップ

 (4)野菜類…かぼちゃ、とうもろこし、れんこん

 (5)果物類…甘さのある果物全般

 (6)アルコール飲料…日本酒、ビール、ロゼワイン、シャンパン

 こうやって見ると、覚えるの大変、と思ってしまいそうですが、すごく簡単に言うとやはり炭水化物と砂糖なので、とりあえず米とパンと麺類と甘いもの、とざっくり覚えればロカボを始められます。

 次に、糖質の少ないものについて。これも簡単に言うと“糖質が多いもの以外”です。葉物野菜全般、果実では甘みのないアボカドやオリーブ、きのこ類全般、魚介類全般、肉類全般。卵も乳製品も糖質を気にする必要がありません(乳製品ではコンデンスミルクだけ注意)。

 アルコール飲料も、ウイスキーや焼酎には糖質が含まれていないので、糖質制限の観点からはいくら飲んでも大丈夫(もちろん肝臓にダメージが出るほど飲むのはダメですよ)。

 続いて、糖質の多いものの、糖質含有量について。目安はコンビニのおにぎりで糖質約40g。食品100gあたりの糖質含有量をまとめます。

 <主食類>

・白米(炊いたもの)…36.8g

・うどん(ゆでたもの)…21.3g

・食パン…44.4g

・スパゲティー(乾)…69.5g

・そうめん(乾)…68.9g

・そば(乾)…63.0g

・中華麺(ゆで)…29.0g

 <いも類>

・さつまいも…29.2g

・さといも…10.8g

・じゃがいも…16.3g

 <野菜類>

・かぼちゃ…17.1g

・れんこん…13.5g

 <果物類>

・バナナ…21.4g

・ぶどう…15.2g

・りんご…13.1g

 その他、山田先生著「ロカボで食べるとやせていく」の巻末にもっと詳しい一覧があります。私は電子書籍で購入してよくチェックしていますよ。

 ロカボの糖質制限は、ご病気の方でなければ、厳密にグラムを把握する必要はないので、「主食を100g食べたら1食の糖質量オーバーかギリギリ」という認識で大丈夫。簡単に言うとやはり、主食を半分から3分の1にして、おかずでおなかをいっぱいにしましょう、ということです。

 今は糖質の少ない麺やパンも販売されていますので強い味方。また改めて紹介します!(次回ダイエット編は「糖質はゼロにしちゃダメ」です)

 【本日のごのへの・ご・ろ・く】 ダイエット 信仰ではなく 科学です

 ◆山田悟(やまだ・さとる) 1970年1月1日生まれ。東京出身。1994年慶應義塾大学医学部卒業。2002年から現在の北里大学北里研究所病院勤務。同病院医療連携室室長、糖尿病センター長、医学博士。一般社団法人「食・楽・健康協会」を設立、代表理事を務める。日本における糖質制限の第一人者。「糖質制限の真実」(幻冬舎)をはじめ多くの書籍を出版。

 ◆五戸美樹(ごのへ・みき) 1986年4月9日生まれ。埼玉出身。お茶の水女子大学文教育学部を卒業し2009年、ニッポン放送入社。アナウンサーとしてエンタメからスポーツまで幅広く多くの番組を担当して、2015年11月に退職。同年12月からエイベックス・マネジメントに所属。エイベックスでは初のアナウンサー契約。糖質制限の「ロカボダイエット」実践中、リバウンドなし。特技はマラソン、書道。趣味はアイドルウオッチ(特にハロプロ)。野球、競馬観戦。

最終更新:4/14(金) 15:57

日刊スポーツ