ここから本文です

石井慧、ミルコに弟子入りで自信「リベンジの年に」

日刊スポーツ 4/14(金) 16:41配信

 総合格闘技のRIZINは14日、都内のホテルで16日の横浜アリーナ大会に出場する全選手の会見を行った。

【写真】隆々とした肉体のミルコ・クロコップ

 ヒース・ヒーリングと対戦する石井慧は「今までで一番のコンディション。ミルコ・クロコップがヘッドコーチになってくれて、ずっと付きっきりで練習してきた」と、ミルコに弟子入りし、来日まで2カ月間、クロアチアで練習してきたことを明かした。

 石井にとってミルコは、14年8月と12月に2度続けて完敗した相手。「当時は自分が8連勝で、絶好調で臨んだ試合で負けた。ミルコは昨年、RIZINでもチャンピオンになったし、どんな練習をしているのか興味があったので、ボクからお願いしてジムで練習させてもらいました」と話した。石井は、RIZINの旗揚げ戦となった15年12月29日の試合で、プロハースカにKO負け。以来、米国で、ランページ・ジャクソン、キング・モーに敗れ総合格闘技3連敗中。昨年9月末には、右ヒジの遊離軟骨除去手術も行った。「去年は、いろいろかみ合わない部分があったが、今年は精神的な面を充実して自信もある。ミルコのジムでボクの長所を伸ばす練習をやってきた」という。16日は、PRIDE時代から好きだったというヒース・ヒーリングが相手。「この試合に勝って、今年はリベンジの年にしたい」と強い決意を語った。

最終更新:4/14(金) 18:01

日刊スポーツ