ここから本文です

日本ハム楽天あわや乱闘 公文頭部死球で危険球退場

日刊スポーツ 4/14(金) 20:38配信

<楽天3-2日本ハム>◇14日◇Koboパーク宮城

 日本ハム公文克彦投手(25)が危険球で退場となった。6回に3番手で登板。無死一塁で、楽天藤田への初球が右耳付近のヘルメットを直撃する死球となった。藤田は倒れ、起き上がった後に公文の元へ向かおうとしたが、制された。両軍のベンチから選手も飛び出し、乱闘寸前の一触即発ムードとなった。危険球退場は今季初。市川球審は警告試合を宣告した。

【写真】公文の投球が頭部に当たりうずくまる藤田

 続いて緊急登板となった4番手榎下が、嶋への1球目が抜けて顔面付近へのボール球を投じた。再び場内からブーイングが起こり、三塁側ベンチではウィーラーが怒りのあまり飛び出すシーンもあった。

最終更新:4/14(金) 21:53

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報