ここから本文です

日本ハム吉田プロ初登板初先発は5回途中3失点

日刊スポーツ 4/14(金) 20:49配信

<楽天3-2日本ハム>◇14日◇Koboパーク宮城

 プロ初登板初先発の日本ハム吉田侑樹投手(23)は4回0/3を7安打3失点で降板した。

【写真】藤田の死球を巡り一触即発の緊張状態になる両軍

 初回はいきなり、同学年の1番茂木に二塁打を浴びたが、後続を断って無失点スタート。2回に石井一のプロ初本塁打で先制点をもらったが、3回にペゲーロの内野ゴロの間に同点とされ、4回は岡島に勝ち越し適時二塁打を浴びた。5回に同点に追いついてもらったが、その裏に茂木、ペゲーロの連続二塁打で3点目を失い、リリーフを仰いだ。

 プロ初勝利は、お預けとなった。「最初は緊張しましたけど、いつも通りのピッチングができたと思います。バッターと勝負できたことも良かったですし、真っすぐで打ち取れたことは手応えになりました。ただ、最後を粘れなかったので、次に生かしたいです。疲れてきた時に打たれてしまったので、球数が増えたときにどう抑えるかが課題になると思います」と、振り返った。

最終更新:4/14(金) 21:38

日刊スポーツ