ここから本文です

阪神メッセンジャー「ゾーン広く使えた」対広島連勝

日刊スポーツ 4/14(金) 22:47配信

<阪神4-2広島>◇14日◇甲子園

 阪神ランディ・メッセンジャー投手(35)が、10連勝中の広島相手に7回6安打1失点と好投、今季2勝目を挙げた。

【写真】お立ち台に上がり、笑顔の鳥谷(右)と腕を持ち上げるメッセンジャー

 3回に3点の援護をもらい、4回に新井の適時打で1点を失ったが、7回までほぼ完璧な投球を披露。波に乗る広島打線の前に立ちふさがった。

 メッセンジャーはお立ち台で「うまくゾーンも広く使えましたし、いろんな球種も交ぜることもできましたし、野手の方もしっかり守ってくださったのでいいピッチングができたと思います」と笑顔。

 続けて「いつもブルペンの投手陣が頑張ってくれているので、休んでもらうことができてうれしいですし、いつも投げるときはできるだけ長く投げたいと思っているので、それができてよかったです」と語った。

 これで3月31日の開幕戦に続き、対広島戦で2連勝。今季のセ・リーグで唯一、広島に勝利した投手になっている。

最終更新:4/14(金) 22:56

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(月) 6:40