ここから本文です

アーセナルがトットナムより下位だった95年とは?

日刊スポーツ 4/14(金) 23:16配信

 すべてのアーセナル・サポーターにとって恐れていることが現実となりつつある。

 プレミアリーグは現在、チェルシーが勝ち点75で首位を快走中。そして2位につけているのが勝ち点68のトットナムだ。

 一方、トットナムとノースロンドン・ダービーで激しい戦いを繰り広げるライバルのアーセナルは、勝ち点54の6位。来季欧州リーグ出場圏内からも外れてしまっている。

 もしトットナムがアーセナルを上回ってシーズンを終えれば、実に94-95年シーズン以来、22季ぶりの出来事となる。

 英ミラー紙(電子版)は、94-95年シーズン当時と現在とで、いかに世界が変わったかという記事を掲載。ちょっと面白いので紹介したい。

 ●ウェブサイトの数 インターネットに登録されたウェブサイトの数が2万3500から約11億7770万に増えた。

 ●スタジアム変更 当時のプレミアリーグ20クラブのうち半数が、現在は違うスタジアムでプレーしている。

 ●移籍金最高額 ロナウドがPSVからバルセロナへ移った際の1320万ポンド(当時のレートで約19億6000万円)から、ポグバがユベントスからマンチェスターUに入った際の8900万ポンド(約122億円)に上昇した。

 ●チェルシー監督 暫定監督も含めて16人がチェルシーの指揮を執った(モウリーニョとヒディンクは2度指揮した)。

 ●ビル・ゲイツ 資産が129億ドルから839億ドル(約9兆2300億円)になった(いずれも世界一)。

 ●ビール 1パイント(約568ミリリットル)のビールの値段が3倍に。

 ●年俸 プレミアリーグ平均年俸 13万ポンド(約1930万円)から243万8275ポンド(約3億4300万円)に上昇。

 ●監督引退!? 94-95年シーズン開幕時にプレミアリーグクラブを指揮していた監督で、現在もサッカークラブを率いている監督はいない。

 ●テレビチャンネル 英国には4つのチャンネルしかなかった。

 ●タイガー・ウッズ まだプロゴルファーではなかった。

 ●スターバックス・コーヒー まだロンドンにはオープンしていなかった。

 ●栄枯盛衰 94-95年シーズンの1位(ブラックバーン)、3位(ノッティンガム・フォレスト)、5位(リーズ)、6位(ニューカッスル)、8位(クイーンズパーク)は現在2部でプレーしている。

 ●ロンドンで5番手 94-95年シーズンはトットナム以外にもクイーンズパーク、ウィンブルドン、チェルシーがアーセナルより上位で、アーセナルはロンドンで5番目のクラブだった。

 ●ベンゲル監督 まだ名古屋グランパスを指揮していた。

 今季プレミアリーグも終盤戦に突入し、残り試合もいよいよ1桁に。トットナムはアーセナルより勝ち点で14点上回っている。時代の流れに乗って、いよいよトットナムがライバルクラブを上回れるのか。それともアーセナルが意地を見せるのか。注目が集まる。

 【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)

最終更新:4/14(金) 23:16

日刊スポーツ