ここから本文です

“エンデューロのオリンピック”に日本代表チーム…ISDEに7年ぶり参戦決定

レスポンス 4/15(土) 11:30配信

8月29日~9月2日の6日間の日程で開催される、ISDE(インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ)に、7年ぶりに日本代表チームが参戦を表明。

[関連写真]

同レースは、エンデューロのオリンピックと評され、1913年から100年以上続く伝統あるもの。日本代表は、2006年のニュージーランド大会ではじめて参加し、2010年を最後に資金難などを背景として参戦をとりやめてきたが、このたび2021年までの5カ年計画で参戦活動を再開する。

取りまとめをおこなうJECPROの中西氏は「長年、夢を見てきた再開が現実の物となってうれしい。世界の壁は厚いが、再開1年目で多くの経験を得て、今後の日本の競技と、日本代表チームに活かせれば」と語る。

今年はフランスの地方都市ブライブでの開催。

メンバーは以下の通り。

鈴木健二
YAMAHA 車種未定 E1クラス
2016年全日本ランキング1位

内山裕太郎
YAMAHA 車種未定 E2クラス
2016年全日本ランキング2位

前橋孝洋
車種未定 E1クラス
2016年全日本ランキング3位

滑川勝之
KTM 500EXC-F E3クラス
2016年全日本ランキング6位

監督
平地直樹

メカニック
中嶋宏明
平田雅宏

ライダーのうち、鈴木健二は日本のエンデューロシーンを牽引してきた立役者であり、内山裕太郎はベテラン。どちらも複数のISDE参戦経験があり、第一次ワールドトロフィ派遣でも複数回の派遣経験を持つ。また、どちらも全日本選手権のタイトル経験者だ。前橋孝洋は21歳の若手ライダーで、ISDEの参戦は初めて。滑川勝之も ISDE経験のあるベテランライダーだ。

《レスポンス 稲垣 正倫》

最終更新:4/15(土) 11:30

レスポンス