ここから本文です

海老蔵、ステージ4のがん克服した知人に勇気をもらう

スポーツ報知 4/15(土) 0:26配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が14日、ブログを更新。この日、九州に向かう際に10年ぶりに知人に再会し、一時はステージ4のがんを患っていたが「今はなにもない」と聞かされ勇気づけられたと報告した。

 同じ文を2度繰り返し「繰り返したかったんです。はい。」と強調した海老蔵。熊本地震からちょうど1年の日に九州に来る機会に恵まれたことは、その前から決まっていた予定で、あまりの偶然に「私が何かを感じ何かをするという使命があるのかも?と勘違いしてしまいます」「個人的にはもっと何かをして熊本城の修復が早くなるといいな、と思っています」と語った。

 行きの飛行機では、10年ぶりくらいの知人に会ったそうで、「

その方は風の噂で癌だと聞いていたのでお元気そうな姿を拝見して嬉しかった、その方の癌のステージは4だったのですが、今ではなにもないと、その方はたまに癌が出でくるとうまく治療をしているお話を立ち話で聞いて、勇気づけられました」と海老蔵。「そのように人と人は会うべきタイミングで会い、訪れるべき時に訪れるわけですから、全てを天命に委ね、しかしやるべき事はシッカリつとめる。そこに何かあるのかな、、と感じています」とつづった。

 そして、「東北大震災も熊本地震も継続して助け合い励まし合い力になるように生きる。これが今の時代に日本に生まれた私達一人一人の役目なのかなと、そしてその不屈の精神で元にもどり、2020の日本のオリンピックへ向けて世界の方々に何があろうが立ち上がる不屈の精神を、お見せる事がまた1つのお役目なのかもしれませんね」とした。

最終更新:4/15(土) 0:48

スポーツ報知