ここから本文です

【P2速報】フェラーリ、トップをキープ バンドーンはエンジンを交換してコース復帰/F1バーレーンGP

TopNews 4/15(土) 1:47配信

14日(金)、第3戦F1バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕し、先ほどフリー走行2回目が行われた。

●【P2タイム結果】2017年F1第3戦バーレーンGPフリー走行2回目、タイム差、周回数

フリー走行1回目の途中、エンジントラブルによりエンジン交換となったストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)だったが、チームは素早く交換し、バンドーンはフリー走行2回目を走行することができた。しかし、その周回数は他のドライバーと比べて4分の1程度に留まった。

また、このセッション中、走行していたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の電源が落ちるというトラブルが発生。運良くピットレーン入口までクルマを運べたため、ロスタイムは最小限で済んだ。ガレージに戻ったベッテルだったが、それほど長く留まることはなく、コースに戻れたため、大きなトラブルではないようだ。

フリー走行2回目のトップタイムは、トラブルに見舞われたセバスチャン・ベッテル、2番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手にはダニエル・リカルド(レッドブル)、4番手はキミ・ライコネン(フェラーリ)で、5番手にはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が入った。8番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)まで1秒以内という接戦となった。

マクラーレン・ホンダは、アロンソが14番手、ストフェル・バンドーンは最下位の20番手だった。

最終更新:4/15(土) 1:47

TopNews