ここから本文です

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ、ソロデビューアルバムを5月に緊急リリース

4/15(土) 2:44配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

トータルセールス7,000万超、2011年のデビュー以来数々の1位と記録を打ち立ててきた史上最大のグループ、ワン・ダイレクションの一員として活躍し続けてきたハリー・スタイルズ。去年1Dの一時活休止報道に続き、6月にコロンビア・レコードとのソロアーティスト契約が報じられてから約1年、ついにソロアーティストとして本格始動する。

【詳細】「サイン・オブ・ザ・タイムズ」試聴リンクはこちら

4月7日にリリースされた1stシングル「サイン・オブ・ザ・タイムズ | Sign of the Times」が即日84ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得するなど、世界中の音楽ファンや業界内で大反響を巻き起したばかりだが、早くもデビューアルバムの全貌が本人のSNSで明かされた。

デビューにして堂々のセルフタイトル『ハリー・スタイルズ』と冠されたアルバムは、ハリーが共同でソングライティングも手掛けている全10曲を収録し、5月に緊急リリースされることが決定。5月12日にリリースが決定した配信アルバムはiTunesにて本日より予約注文がスタート。同5月24日リリースを予定している国内盤CDの初回生産分は、アルバム制作時の模様を写真で綴った豪華32ページのブック型パッケージという豪華仕様となる。

アルバムには、「サイン・オブ・ザ・タイムズ」でハリーとともに曲を書き、プロデュースも務めた名ソングライター/プロデューサー、ジェフ・バスカーがエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねている。

ハリーが英ラジオ番組に出演した際、「今まで僕が書いた曲の中でも最も誇りに感じている曲」「アルバム中、僕が最も伝えたいメッセージ」と公言した同曲は、公開されるや否や「ラジオ番組選曲者たちの間で大絶賛の声が上がっている」と米業界紙は報じている。

それによると、ヒットチャートを賑わすポップソングの曲調と一線を画す楽曲でありながらも、「単なるヒット曲では終わらない」「他のアーティストやレコード会社、ラジオ局、そしてリスナーにとっても、“ヒット曲の領域を広げる”特大ヒットになることを願っている」「心に響くこの楽曲は、ひとつのジャンルに留まらず、むしろジャンルというものを超越した。ヒット曲をかけるラジオ局が今実践すべき、文化的象徴だ」と、賛辞は後を絶たない。

そんな「サイン・オブ・ザ・タイムズ」も収録される期待のデビューアルバムは、2016年の2月後半から取りかかり、途中5ヵ月間は映画『ダンケルク』の撮影のため中断されたものの、その後は音楽へのよりいっそう一途な思いを持ってアルバム制作に没頭できたと本人は語っている。

米時間4月15日には、人気テレビ番組『Saturday Night Live』に出演し、「サイン・オブ・ザ・タイムズ」とアルバムからもう1曲を初ライブ披露することが伝えられているが、番組ホストと共にハリーが出演している同番組のティザー動画が今週公開され、ちょっぴり大人びた感のあるハリーの最新映像に、放送を目前にしてよりいっそうの注目が集まっている。

リリース情報
2017.05.24 ON SALE
ALBUM『ハリー・スタイルズ』

『Saturday Night Live』ティザー動画
https://www.facebook.com/snl/videos/10155134799736303

ハリー・スタイルズ OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/harrystyles/