ここから本文です

<プロ野球速報>阪神・青柳の背信6失点に金本監督は「もったいなすぎる」

THE PAGE 4/15(土) 17:08配信

 ついていないのか、自らツキを放棄しているのか。
 阪神が15日、甲子園球場で行われた広島戦に1-7で惨敗、連勝は4でストップした。
 先発の青柳晃洋が3回を6失点と背信した。
 その立ち上がりに、田中の中前打、菊池のバントの野選、丸への四球で無死満塁のピンチを作ると4番に座った鈴木をどんづまりのゴロに封じたが、青柳のグラブの下をゴロがすり抜けてしまって先取点。さらにエルドレッドにかするような押し出し死球。青柳対策に抜擢された天谷にまでタイムリーを浴びて4失点。

 3回にもまた目を覆いたくなるようなミスを。二死一、二塁からピッチャーの岡田を投手ゴロに打ちとっておきながら、一塁への送球が一塁手のジャンプしたグラブのはるか上を越えていくような悪送球になって5失点目。ミスは田中のタイムリーにまでつながって0-6と序盤にゲームを壊してしまった。

「失点となったプレーが自分のエラーだったりデッドボールだったりと自分のミスだったので、守っていただいていた野手の方々に申し訳ない気持ちです」
 
 3回KOの青柳はマウンド上で何度もグラブを叩いて自分のミスを悔しがった。

 前回の先発は、8日の巨人戦。3回途中までわずか1安打に抑える素晴らしいピッチング内容だったが、運悪く降雨ノーゲーム。失ったツキを取り戻すことはできなかった。

 結局、広島の岡田に4回までパーフェクトに抑えられ、プロ初となる9回完投勝利を許して1-7で完敗。

 試合後の金本監督は、「せっかく去年から、けん制やクイックができるようになって、よくなってきたところもあったのに、悪送球とか……もったいなすぎる。調子問題うんぬんじゃなく、次に向けてどう生かすか、この1週間、どう取り組むかだな。(プロ初打点の糸原は)真っ直ぐに振り負けない。今、チームも求められている打撃だな。明日が大事、明日選手がどういう姿を見せてくれるかだな」と、冷静に試合を振り返った。

 明日16日の先発は、阪神が能見で、広島が前回苦汁を舐めさせられた九里のマッチアップだ。
  

最終更新:4/15(土) 18:09

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 14:30