ここから本文です

京都のタイ料理店「パクチー料理ありません」 店主、異様なブームに「嫌気差した」

J-CASTニュース 4/15(土) 14:00配信

 日本では空前のパクチーブームが巻き起こり、パクチーサラダやパクチー鍋と言った料理を提供する店も目立つ。そんな中、あるタイ料理店が「パクチー料理ありません」との貼り紙を出入口ドアの外側に掲出し、話題をさらっている。

 貼り紙には「パクチーだけのサラダ料理」や、「パクチーを大量に使用するような流行りもの系の料理」は提供していないと書かれている。店員はJ-CASTニュースの取材に対し「猫も杓子もパクチーパクチー...」と昨今のブームへの困惑を示す。

■「流行りもの系の料理は提供しておりません」

 貼り紙が知られたきっかけは、この店の常連というツイッターユーザーの2017年4月8日の投稿。写真に撮ってアップロードし、「パクチーブームで無茶をいうお客増えたんだろなあ」との感想を書き込んでいた。貼り紙には「パクチー料理ありません」との見出しに続き、次のように注意書きがなされている。

  「当店ではパクチー(香草)だけのサラダ料理や、パクチーを大量に使用するような流行りもの系の料理は提供しておりません。パクチーの追加増量に関しましても大量に増量を希望されるお客様が増えますと通常の料理に使用する量を確保できなくなるため今後はパクチーの追加増量には対応しないことと致しました」

 さらに、そもそもタイ料理とパクチーとの関係についての説明も貼り紙に書かれている。

  「タイ・ラオス料理にはパクチーを使用していない料理も多数あり、あくまでもパクチーは薬味としての扱いが基本です。本来のタイ・ラオス料理ではパクチー(香草)そのものをサラダのようにして食べるという習慣はありませんので当店では過度なパクチーのみを強調して使用するような料理は提供いたしません」

 その上で、「もしそのような料理をご希望される場合は他の店舗様をご利用ください。お客様のご理解ご協力お願い致します」との姿勢を示している。

1/2ページ

最終更新:4/17(月) 17:40

J-CASTニュース