ここから本文です

伊東・さくらの里のソメイヨシノ 10日遅く満開

伊豆新聞 4/15(土) 13:38配信

 伊東市の桜の名所・大室山山麓のさくらの里で、ソメイヨシノが例年より10日ほど遅く満開となった。晴天に恵まれた14日、待ちに待った多くの花見客が訪れ、咲き誇る桜花を満喫した。

 さくらの里(約4万平方メートル)には、40種1500本の桜が植栽されていて、ソメイヨシノはこのうち約100本。ソメイヨシノ以外にも大島桜、伊東桜などが満開を迎えている。

 沼津市から孫娘と来た小林美子さん(75)は「3年ぶりの見頃のさくらの里。孫と来ることができうれしい。やはりここの桜は特別きれい。とても気に入っている場所」と笑顔で話した。

 16日までライトアップも行われている。時間は午後6~9時。

最終更新:4/15(土) 13:38

伊豆新聞