ここから本文です

コン・ユ、ハン・ソッキュ、キム・レウォン、4月映画俳優ブランド評判のTOP3に

4/15(土) 10:01配信

WoW!Korea

韓国俳優ブランド評判2017年4月の調査結果、コン・ユが1位、ハン・ソッキュが2位、キム・レウォンが3位となった。

コン・ユのプロフィールと写真

 韓国企業評判研究所は、2017年3月13日から4月14日までの韓国消費者が愛する映画俳優25人のブランドビックデータ39,885,503個を分析し、消費者のブランド参与指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数を測定した。

 4月の映画俳優ブランド評判の順位は1位がコン・ユ、以下ハン・ソッキュ、キム・レウォン、キム・ユンジン、ユ・アイン、キム・スヒョン、キム・ナムギル、ユ・ヘジン、チョン・ジヒョン、チェ・ミンシク、ユン・ジェムン、チョ・インソン、イ・ビョンホン、ヒョンビン、チョン・ウソン、チョ・ジヌン、カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、ハ・ジョンウ、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、ハン・ジミン、ソン・ガンホ、ソン・イェジン、イ・ボムスの順だった。

 韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「2017年4月の映画俳優ブランド評判を分析した結果、コン・ユが1位の座を守っている。映画俳優ブランドビックデータ量が増加パターンを見せている中、現在上映している映画『プリズン』に出演のハン・ソッキュが2位、キム・レウォンが3位で、『時間の上の家』出演のキム・ユンジンが4位、『ある日』出演のキム・ナムギルが7位、『パパは娘』のユン・ジェムンが11位にランクインした」と分析した。

 続けて「ブランドの役割が価値の時代から経験の時代へと移り、消費者は多様なチャンネルでブランドを経験し、消費している。映画俳優ブランド評判1位を獲得しているコン・ユは、多様なチャンネルを通じて消費者とのより多くの接点を持ってブランドの明確性と一貫性を高めている」とコン・ユのブランドに対して述べた。

最終更新:4/15(土) 10:01
WoW!Korea