ここから本文です

倉木麻衣、コナン主題歌「渡月橋」&「Time after time」熱唱でファン歓喜!

4/15(土) 14:42配信

cinemacafe.net

『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が4月15日(土)に公開を迎え、上映後には主題歌を歌う倉木麻衣がサプライズで生歌を披露! ゲスト声優の吉岡里帆、宮川大輔、レギュラー声優の高山みなみ、小山力也、堀川りょう、宮村優子も舞台挨拶に登壇した。

【写真】『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』舞台挨拶の様子

大阪、京都を舞台にラブコメ要素も織り交ぜつつも展開する本作。千年前に詠まれたある和歌に込められた謎をコナンたちが読み解いていく。

『名探偵コナン』シリーズとの21作目のコラボレーションを果たした倉木さんは、鮮やかな“から紅”の衣装に身を包んで登場。本作の主題歌「渡月橋 ~君 想ふ~」、さらに2003年公開のシリーズ7作目『名探偵コナン 迷宮の十字路』の主題歌である「Time after time 花舞う街で」の2曲をスペシャルメドレーで披露した。この嬉しいサプライズに客席を埋め尽くしたファンは歓喜! 配布されたサイリウムで、客席を紅に染め上げた。

ゲスト声優の吉岡さん、宮川さんも、シリーズを数々の名曲で彩ってきた倉木さんの熱唱に大興奮! 吉岡さんは「たまらないですよね! 異世界に連れて行ってもらいました」と語り、宮川さんは「泣きそうになりました」と感激を口にした。

舞台挨拶では、コナン役の高山さんは「みんなの愛のおかげで、小学生のママ21作目を迎えることができました!」とニッコリ。小五郎役の小山さんからは、劇中ではわずか数か月しか経っていないことについて「その間に何百もの事件が起きて、恐ろしい街であります(笑)!」とツッコミが飛ぶ。小山さんはまた「去年(の映画)はギャラ泥棒と言われ、物議をかもしましたが、今年は働きました!」と語り、笑いを誘っていた。

さらに堀川さんと宮村さんは、平次と和葉の会話を舞台上でそのまま展開! 宮村さんの「平次、カッコよかったやろ? でも惚れたらあかんよ!」という言葉に会場からは歓声が上がっていた。

最後に高山さんは「みなさまの愛に支えられて、これからの20年も頑張っていきたいと思います!」と宣言。おなじみの決めぜりふ「真実はいつもひとつ!」で舞台挨拶を締めくくった。

『名探偵コナン から紅の恋歌』は公開中。なお、本日4月15日(土)放送のTVシリーズでは、映画の前日の模様を描いたエピソードが放送される。

最終更新:4/15(土) 14:42
cinemacafe.net