ここから本文です

【春季高校野球東京大会】清宮80号、81号の2打席連続本塁打

東スポWeb 4/15(土) 11:56配信

 高校野球春季東京大会は15日、神宮第二球場で準々決勝の早実―駒大高戦が行われ、早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)が大台突破となる高校通算80号、81号の2打席連続本塁打を放った。

 長いトンネルを怪物が抜けた。一死一、二塁で迎えた4回の第3打席、清宮が放った打球は高く伸び、右中間のスコアボード左上のネットに突き刺さった。節目の高校通算80号アーチまで、長い不振に悩まされていた清宮は、ホームベースで喜びを爆発させた。

 一死一塁で迎えた5回の第4打席では打ち損じのフライを思わせる当たりがグングン伸びてセンターのネットを揺らした。2打席連続弾で完全復活を印象付けた。

 この日の第1打席、第2打席はともに四球。試合は5回途中で14―2で早実が勝ち越している。

最終更新:4/16(日) 15:28

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 19:05