ここから本文です

三上延さん、“古書ワールド”もいよいよクライマックス 『ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~』

夕刊フジ 4/15(土) 16:56配信

 ★BOOK・三上延さん『ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~』(メディアワークス文庫・KADOKAWA650円+税)

 シリーズ累計600万部以上というベストセラー『ビブリア古書堂の事件手帖』が完結、人気を博している。知的・巨乳・人見知り・本が大好きというアンバランス美女・栞子(しおりこ)さんが案内してくれる“古書ワールド”もいよいよクライマックス。最後の題材はシェークスピアの希少本だ。 文・南勇樹 写真・大西正純

 --完結編(7巻)の題材に選んだのはシェークスピア。それも1冊1億円以上という希少本

 「最後は希少本、それも外国の本でやろうと決めていたんです。5つぐらいの候補からこれを選んだのは物語としてハマるから。シェークスピアが最適だったのです。でも、僕には基本的な知識しかありません。まずはシェークスピアの全集を読むところから取りかかって(前作から)結局、2年もかかってしまいました。苦労しましたね。シリーズの中でも一番大変だったかな」

 --取材は丹念にやる方ですか

 「そうですね。このシリーズは専門的な話が多いので、正確を期すためにはどうしても取材にかける時間が長くなります。でも、面白かったですよ。実際に(希少本を)所蔵しているところで見せてもらったり、話を聞かせてもらったり…貴重な体験でしたね」

 --シリーズのもうひとつの魅力はヒロインの栞子さんのキャラ

 「確かに、栞子さんのような女性から本の話を聞かせてもらうと、うれしいでしょうね。キャラクターを設定するとき、顔は(タレントなどの)誰々、体つきは誰々…と考えることもあるんですが、栞子さんの場合、特定のモデルはあえてつくらないようにしました。その方のイメージに引きずられかねませんからね。そして、1巻からの6年間、栞子さんのキャラはできるだけキャラを変えないようにしたつもりです」

 --その栞子さんは、その希少本を手に入れるために大勝負に打って出る。その相手が謎の女ともいうべき、お母さんの智恵子さん

 「実は主要な登場人物の中で一番、書いていて楽しいのがお母さんの智恵子です。栞子さんにとっては古書の世界における、乗り越えられない最大の『壁』であると同時に『理解者』でもある。智恵子ほど自分の欲望に忠実なキャラクターはいません。自分がこうしたいから、と好き勝手にやっている。ウソがない。僕も共感を持ちながら書いていました」

 --シリーズではあらゆるジャンルの本が登場しました。一番気に入っているのは

 「どれも思い入れがあるのですが、あえて上げれば、江戸川乱歩を取り上げた4巻ですね。僕自身が乱歩を好きということ。苦労をして形にし読者に届けられたという達成感がありましたね」

 --「本が売れない時代」に大ヒット。読者の心をつかむコツは

 「このシリーズは『入り口』が多いのが良かったかな、と思います。古書の世界から始まって、栞子さんと(アルバイト店員の)大輔との恋愛、そして、智恵子さんや祖父など家族の物語。ブックガイドとしての側面もある。たくさん入り口があって、どれも入りやすい…。僕自身はシンプルに『本ってこんなに面白いんだよ』とずっと叫び続けていたんですが」

 --活字からデジタル、ネットへと急速に移行している

 「僕もときどきネット小説を読みますよ。ただ、僕とは肌合いが合わない、というか、何が受けるのか、紙のメディアとは感覚が違う気がします。イイ悪いじゃなくてね。今後、紙はどんどん厳しくなってゆくでしょうが、物語自体がなくなるわけじゃない。本が好きな若い人が減ったとも思いません」

 --今後は何を書きますか

 「本編はこれで完結しましたが、スピンオフとして主人公以外の人たちを語り手として書き続けるつもりです。栞子さんや大輔ら主人公たちがいないところで何が行われていたのか? それを書きたいのです」

 ■あらすじ 北鎌倉の小さな古書店の若き女店主・栞子さんは奇妙な縁から、シェークスピアの希少本と対峙することになる。本物かコピーか? 最大のライバル、母親の智恵子や祖父もからんで、栞子はアルバイト店員・大輔の協力を得て、ギャンブルのような大勝負に挑む。2人の恋の行方もいよいよ大詰め。6年に及んだシリーズは完結を迎えた。

 ■三上延(みかみ・えん) 1971年、神奈川県生まれ。45歳。大学卒業後、同県内の中古レコード店、古書店でアルバイト。この経験をもとに書いた『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズが大ヒット。2011年3月の1巻発売以降、完結編の今作で計7巻を数える。同シリーズは剛力彩芽主演でテレビドラマ化されたほか、今後、映画化(実写とアニメ)も決定している。

最終更新:4/15(土) 17:14

夕刊フジ