ここから本文です

中川大志、なれるものなら千葉雄大?「舌ペロできるようになりたい」「かわいい」

cinemacafe.net 4/15(土) 15:00配信

大ヒットコミックの映画化『ReLIFE リライフ』の初日舞台挨拶が4月15日(土)、新宿ピカデリーにて行われ、出演する中川大志、平祐奈らフルキャストが勢ぞろいした。中川さんは、もし1日役を入れ変わるなら先輩である千葉雄大の役が良いとご指名し、「自分も“舌ペロ”みたいなのをできるようになりたい!」と言うと、すかさず千葉さんに「できるよ~。国宝級イケメンなんだから! でも、それじゃ(役ではなく)千葉さんじゃん!」といじられ、仲睦まじいやり取りを見せていた。

【写真】中川大志&平祐奈&千葉雄大/『ReLIFE リライフ』初日舞台挨拶

ダウンロード数世界累計2,400万を突破したマンガアプリ「comico」で連載中の同名人気作品の映画化『ReLIFE リライフ』は、27歳でニートの海崎新太(中川さん)が、社会復帰プログラム「リライフ」にスカウトされ、1年限定で17歳をやり直すという青春物語。二度目の高校生活を送る中で、同級生の日代千鶴(平さん)に惹かれつつ、かけがえのない仲間とも出会い、日々を大切に過ごす様子を細やかな描写で描いた。

前述の“舌ペロ”とは、劇中、千葉さんがアドリブでかわいらしく少しだけ舌を出した様子のこと。古澤健監督は、「ペロッと舌を出す千葉くんに、現場で萌えました。あんなことする20代後半って何?」と本音を漏らすと、中川さんも「かわいかったすね」と乗っかり、平さんまで「さすが千葉テクニック」と褒めそやし、千葉さんのあざとかわいい魅力を讃えていた。受け入れて聞いていた千葉さんは、いまだから言える秘密について、「すっごくトイレを我慢していたシーンがあって(笑)。山の上で僕と海崎しかいないシーンだったから。我慢していたら膀胱がどんどん肥大してきて…そしたら(中川さんに)押されて、本当に嫌でしたね」と、わざと憎たらしそうに中川さんを見つめた。

舞台挨拶の終盤、古澤監督が主演の中川さんへ思いのこもった熱い手紙を読み上げた。最初は真剣に、ときには瞳を潤ませた様子を見せながら聞いていた中川さんだったが、手紙の長さと、撮影エピソードが詰まった愉快な内容に、時折笑ってみせた。最後に感想を求められると、中川さんは「監督はこういうキャラじゃないんですよ。性に合っていない気もして、恥ずかしいですね。でもありがとうございます!」と、感謝を伝えていた。

初日舞台挨拶には、そのほか、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵も登壇した。

最終更新:4/15(土) 15:00

cinemacafe.net