ここから本文です

うるま石川に体験型観光農園 「うるま農場」、5月5日に開設 動物コーナーも

琉球新報 4/15(土) 7:30配信

 沖縄県うるま市で果樹を栽培している農事組合法人うるま農場(石川庄慎農場長)は、石川岳中腹にある農場敷地で、5月5日に体験型観光農園のオープンを予定している。自社農場や県産品など原料にこだわったジェラート屋や動物と触れ合えるコーナーなどを用意した。農業と観光の連携が注目される中、動物と触れ合えるだけでなく、地産地消を基本方針とした施設内容の拡充を目指している。

 観光農園は沖縄自動車道石川インターチェンジ裏にあり、面積は約5万平方メートル。5月の開業時点では動物との交流施設としてオオゴマダラなど5種類・約500匹のチョウが舞うチョウ園や与那国馬、ポニーに乗れる乗馬施設、ヤギと触れ合えるコーナーを用意した。

 飲食店では県産牛が提供される焼き肉店と同農場で作られたサトウキビ、パッションフルーツ、紅イモなど16種類を材料にしたジェラート屋がある。

 県民のほか、隣接する恩納村を訪れる観光客の集客を目指す。今後は果樹の収穫体験を用意するほか、自社で育成した和牛やあぐー豚肉を飲食店で提供する。

 石川農場長は「恩納の観光地からもアクセスしやすい。動物と触れ合い、癒やされ、楽しい時間を過ごしてほしい」と語った。住所はうるま市石川3355の1、問い合わせはうるま農場(電話)098(965)3137。

琉球新報社

最終更新:4/15(土) 7:30

琉球新報