ここから本文です

(激動韓国 5・9大統領選)文氏・安氏、2強大接戦 世論調査、支持率3ポイント差

朝日新聞デジタル 4/15(土) 7:30配信 有料

 5月9日投開票の韓国大統領選は、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表と野党第2党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)・元常任共同代表が接戦を繰り広げ、15~16日の立候補届け出を前に「2強」の構図になっている。安哲秀氏が保守層にも支持を広げて激しく追い上げ、当初独走していた文在寅氏は対応を迫られている。緊迫した北朝鮮情勢への対応も争点になっている。

 調査機関「韓国ギャラップ」は、11~13日に実施した世論調査結果を14日に公表。支持率1位は文在寅氏で40%、安哲秀氏が37%で続いた。与党「自由韓国党」(旧セヌリ党)の洪準杓(ホンジュンピョ)氏が7%、「正しい政党」の劉承ミン(ユスンミン)氏が3%だった。……本文:2,571文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:4/15(土) 7:30

朝日新聞デジタル